会社経営者とサラリーマンの経費の使い方の違い

シンプルな資料で見える化

会社運営において、経費は必ず使います。

基本的に経費は少ない方が良いです。

会社経営者とサラリーマンでは経費の使い方が違います。

実例をあげながら考えてみましょう。

 

「会社経営者とサラリーマンの経費の使い方の違い」の続きを読む…

流通経路の確保ができないと新規参入は困難

じゃがいもと会社経営

新しい業界に参入することを考えた時、重要な要素の一つに「流通経路の確保」があります。

どんなに優れた商品でも流通経路を確保できないと、消費者に品物が届かないのです。

どういったことなのか、具体的にお知らせしたいと思います。

 

「流通経路の確保ができないと新規参入は困難」の続きを読む…

経営者必見!行わなければならない納税の種類

他人の評価を高くする方法

経営者でも忘れがちな「税金」。

嫌な言葉です。

利益がでしょうが、出まいが持って行かれるものは持って行かれます。

どんなものがあるのかチェックしてみてください。

 

「経営者必見!行わなければならない納税の種類」の続きを読む…

経費を削減!それがきっかけで新たな手段が生まれる会社経営

ビットコインは仮想通貨

会社経営において、経費削減は新しい手法です。

普通なのですが、意外な方法で会社経営に有効な方法が生まれます。

「経費を削減!それがきっかけで新たな手段が生まれる会社経営」の続きを読む…

節税効果が高い「起業」「会社経営」の裏側

中小企業の社長は意外にいい家に住んでいる

起業する人の多くは、利益を出すことです。

ところが、企業のメリットは利益が出やすくなることだけではありません。

色々を大暴露してみます。

「節税効果が高い「起業」「会社経営」の裏側」の続きを読む…

会社経営者に必要な行動力とは

経済学者の景気予想

会社経営者には行動力が必要だと思います。

考えなしに行動する人も困りますが、考えすぎて動けない人も困ります。

ちょうどいい兼ね合いってどのくらいか考察してみます。

「会社経営者に必要な行動力とは」の続きを読む…

会社経営者はどんぶり勘定がいいのか1円までケチるべきか

大盤振る舞い社長

会社経営者はどんぶり勘定で、いいよいいよで経費を使い、接待三昧OKなのか。

それとも、1円単位でケチケチで行くべきでしょうか。

もちろん、兼ね合いはあるのですが、どの位置がちょうどいいのか考えてみます。

 

「会社経営者はどんぶり勘定がいいのか1円までケチるべきか」の続きを読む…

社長はケチケチと大盤振る舞いどちらがいいのか

ケチケチ社長

極端な話なのですが、社長はケチケチと大盤振る舞いどちらがいいのかについて考えてみます。

ケチケチ社長は経費なども抑えにおさえます。

カットカットで進めて行きます。

 

大盤振る舞い社長はどんぶり勘定です。

気持ちで動きます。

どちらがいいのでしょうか?

「社長はケチケチと大盤振る舞いどちらがいいのか」の続きを読む…

コストカットが最適か

爪切りにだって経営戦略はある

ビジネスをしていたら、経費は必ずかかります。

材料費や仕入費は必ずかかり、絶対にゼロにはできません。

では、と、1円でも安い物を選びたいところ。

その選択は本当にあっているのでしょうか?

分かりやすい例も挙げてお知らせします。

「コストカットが最適か」の続きを読む…

会社の経費になる物とならない物の線引き

カタログの作成費用は経費か

会社経営をしている社長でも、従業員でも「経費」は必ず発生します。

領収書があれば何でも経費になるかと言うと、ならないものがあります。

本来は経費になるのに、考え方が間違っていることで経費にならないことがあり得ます。

そんなことにならないように以下のことに注意されて下さい。

 

「会社の経費になる物とならない物の線引き」の続きを読む…

経理と会社経営者の勘違い

経営は計画通りには進まない

会社経営者を志す人は、簿記、経理くらい知っていなければいけないと言う人がいる。
間違っていはないのだけど、素直に「その通りです」と言えないギャップのような物が存在します。
ここでいう「簿記」、「経理」と言うのは、一般的な意味の「簿記」、「経理」とでは、少し意味が違うのです。

「経理と会社経営者の勘違い」の続きを読む…