会社経営者とサラリーマンの経費の使い方の違い

シンプルな資料で見える化

会社運営において、経費は必ず使います。

基本的に経費は少ない方が良いです。

会社経営者とサラリーマンでは経費の使い方が違います。

実例をあげながら考えてみましょう。

 

「会社経営者とサラリーマンの経費の使い方の違い」の続きを読む…

【会社経営者必見】会社書類の会計の種類とは

会社経営と会計

会社を経営する上で会計書類は、好きでも嫌いでも作成しないといけません。

基本的に1つあればいいのですが、実際にはそれだけではわからないこともあります。

そのため、3種類、4種類の会計書類を作成している会社もあり、効率化と見える化の板ばさみ的な頭の痛いところでもあります。

 

まずは、何があって、どのように違うのかから見ていきましょう。

 

「【会社経営者必見】会社書類の会計の種類とは」の続きを読む…

経営者必見!行わなければならない納税の種類

他人の評価を高くする方法

経営者でも忘れがちな「税金」。

嫌な言葉です。

利益がでしょうが、出まいが持って行かれるものは持って行かれます。

どんなものがあるのかチェックしてみてください。

 

「経営者必見!行わなければならない納税の種類」の続きを読む…

会社経営者には税金を納める順番がある

ビットコインは仮想通貨

金持ち社長へを目指すためには、サラリーマンの納税と、会社経営者の納税の違いについて理解する事が重要です。

これだけのお話でピンときた社長は「できる社長」です。

いまいちピンとこなかった社長はぜひ読み進められて下さい。

 

「会社経営者には税金を納める順番がある」の続きを読む…

税金の計算は独特!?財務会計とは違う計算方法

ビットコインは仮想通貨

私は社内の計算が大嫌いです。

それは、よくわからないからです。

税金の計算は結構特殊だと思っています。

それについてお知らせします。

 

「税金の計算は独特!?財務会計とは違う計算方法」の続きを読む…

会社経営者は自分の給料がいくらが一番有利か

経済学者の意見

会社経営者は自分の役員報酬を自分で決められます。

だからこそいくらにするのが有利なのか考えてしまいます。

ここでは、いくらにしたらどうなるのか実体験をもとにお知らせします。

「会社経営者は自分の給料がいくらが一番有利か」の続きを読む…

節税効果が高い「起業」「会社経営」の裏側

中小企業の社長は意外にいい家に住んでいる

起業する人の多くは、利益を出すことです。

ところが、企業のメリットは利益が出やすくなることだけではありません。

色々を大暴露してみます。

「節税効果が高い「起業」「会社経営」の裏側」の続きを読む…

会社経営者はどんぶり勘定がいいのか1円までケチるべきか

大盤振る舞い社長

会社経営者はどんぶり勘定で、いいよいいよで経費を使い、接待三昧OKなのか。

それとも、1円単位でケチケチで行くべきでしょうか。

もちろん、兼ね合いはあるのですが、どの位置がちょうどいいのか考えてみます。

 

「会社経営者はどんぶり勘定がいいのか1円までケチるべきか」の続きを読む…

社長が節税でベンツを買う時にあと30万円安く買う3つの裏技

BMWでも節税できる

会社社長は会社を経営している訳ですので、自由に使えるお金が一般サラリーマンに比べ多いです。
ただし、ある程度の節税をしないとどれだけ利益を出しても税金で持っていかれてしまいます。

節税のために会社のお金で自動車を買う方法をお知らせしましたが、1円でも安く良い車を手に入れることができれば税金対策として更に有効です。
もちろん、高い車の方が市場価値が高いということなので、ステータスも高い自動車であると言えると思います。

知っているだけでベンツをあと30万円安く買う方法をお知らせします。

「社長が節税でベンツを買う時にあと30万円安く買う3つの裏技」の続きを読む…

会社経営における経費の削減は、各所で行う事ができます

交通費も経費

会社経営をしている経営者側からすると、必要な場面ではあっても、経費などの出費には頭を悩ます場合があります。
絶対に必要な部分の場合には、出費を認める必要性もあります。

どの会社にとっても、経費を低く抑えたいと考えるのは、一般的な見方です。
そこを抑える事で、他の重要部分に充当するなどもできます。
経費の具体的な内容としては、交際費であったり、出張交通費、必要物品に対する出費などがあります。
どのように使い、どのように削減するのが最善でしょうか?

 

「会社経営における経費の削減は、各所で行う事ができます」の続きを読む…

本当は怖い交際費。会社経営の落とし穴かもしれません

本当は恐ろしい交際費

会社経営をしていると「経費」は必ず発生します。
経費の勘定科目は誰も教えてくれません。
しかし、少しの違いで大違いなのです。
その代表格として「交際費」があります。
どういうことなのか、詳しくお知らせします。

「本当は怖い交際費。会社経営の落とし穴かもしれません」の続きを読む…

消費税を払う必要がある事業者とは

働くのに快適な環境とは

会社経営をしていると払う必要があるものとして
「消費税」があります。

「3期目から払う」と言っていますが、
必ずしも3期目からではありません。

また、売上1000万円を超えたら払うとも言われますが、
必ずしもそうではありません。

詳しくお知らせします。

「消費税を払う必要がある事業者とは」の続きを読む…