【経営者の社交辞令】結婚式の出席を依頼された時の断り方

結婚式と会社経営

会社の経営者をしていると、社員の結婚式の出席を依頼されることがあります。

もちろん、出来るだけ出た方が良いのですが、あまり出たくないときもあります。

ややこしいのは、断る理由があいまいだと、後々しこりを残すことになるのです。

うまい断り方をお知らせします。

 

「【経営者の社交辞令】結婚式の出席を依頼された時の断り方」の続きを読む…

【3つの基準】こんな経営者がいる会社は将来がない

傘立てと会社経営

カンブリア宮殿(テレビ東京)でひふみ投信の藤野社長がダメな会社の判断基準を紹介していました。

藤野社長は、有望な会社ばかり全国6000社以上訪問したと言います。

そんな方が、見てきた実績として、こんな会社はダメだと言うのならば、それは知りたいですよね。

ついつい自分の会社はそうなっていないか、その理由についても見ていきましょう。

 

「【3つの基準】こんな経営者がいる会社は将来がない」の続きを読む…

従業員に経営者の視点を植え付ける

会議で意見を通す方法

経営者の考えと従業員の考えとは実はまるで違います。

考えが違うので行動が違います。

時として従業員に経営者の考えを持ってほしいときがあります。

その差を埋める方法の櫃をお知らせします。

 

「従業員に経営者の視点を植え付ける」の続きを読む…

社員には資格を取らせた方が良いのか

日本は恥の文化

先日、「社員に資格を取らせたいけれど、会社から補助を出すべきか」と言う相談を頂きました。

多くの会社では資格取得支援制度があったりします。

自社ではどうすべきか、悩みどころが結構あるようですのでシェアします。

「社員には資格を取らせた方が良いのか」の続きを読む…

従業員のやる気を上げる「あれ」のコストについて考える

初めての会社経営は不安がいっぱい

従業員のモチベーションについてちょくちょく話題になります。

人はやる気があるときは120%の能力を発揮すると思っています。

それこそ言わなくても、寝る間を惜しんで働いてくれます。

ところが、やる気がない人は50%の力を出してくれたら「御の字」です。

どうしたら従業員はやる気を出してくれるのでしょう?

 

「従業員のやる気を上げる「あれ」のコストについて考える」の続きを読む…