松下幸之助でも心配で寝られなかったこととは

松下幸之助と言えば、松下電器、現在のパナソニックの創業者です。

パナソニックと言えば社員数25万人の大企業です。

なにかとんでもないトラブルが起きてもつぶれることはないでしょう。

こんなパナソニックの創業者でも心配で寝られなかったことがあるというのです。

この話は聞いた時すごく印象に残りましたので、シェアします。

「松下幸之助でも心配で寝られなかったこととは」の続きを読む…

会社の休業と廃業の違い(倒産しなくても税金を止められる)

机の上はパソコン1台でOK

会社経営をしていたら必ず良い時と悪い時があります。

必ず順番に来てくれたらいいのですが、悪い時が続くことがあります。

この時売上は上がらないのに、税金ばかり払う必要な時があります。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

 

「会社の休業と廃業の違い(倒産しなくても税金を止められる)」の続きを読む…

参入障壁と言う会社経営上の障害

自動車業界

新しいビジネスに参入する際、「参入障壁」と言う物があります。

「そのビジネスに参入させないための圧力」と考えていいです。

しかも、3段階もあるということをご存知でしょうか?

会社を経営している以上は必ず何らかの業界で収益を上げます。

これをぜひ知っておいて下さい。

 

「参入障壁と言う会社経営上の障害」の続きを読む…

プラットホーム戦略戦略の栄光と敗北

スマホはプラットフォーム戦略

「プラットフォーム戦略」と言う言葉はよく聞きますが、いったいどういったものでしょうか?

うまくハマればかなりの利益を生みます。

会社を経営する上で商品に取り入れるかどうは考え方次第です。

一方で、外すとすごい損失を出してしまいます。

そんな「プラットフォーム戦略」についてお知らせしたいと思います。

 

「プラットホーム戦略戦略の栄光と敗北」の続きを読む…

倒産と事実上倒産について知っておきましょう

企業は倒産することもある

ニュースなどでたまに話題になることがあります。
「株式会社○○が事実上倒産しました。」
単なる「倒産」と「事実上倒産」では違うのでしょうか?
そして、何が違うのでしょうか?
あまり考えたくない倒産の話ですが、経営者は知っておくべきだと思いますのでシェアします。
「倒産と事実上倒産について知っておきましょう」の続きを読む…

モチベーションを維持する

社員をやる気にさせる

会社経営をしているといってもいつでも全力100%ではありません
仮にそんな人がいたらきっと身体を壊してしまします。
自動車でも同じです。
どんなに構成のの自動車でもずっと走りっぱなしと言うことはないと思います。

「モチベーションを維持する」の続きを読む…

リスクを把握して補う

目をそらさない

会社経営を行う上で、必ず会社にはリスクを抱えているものです。
一番悪いのはこれを放置してしまうことです。
リスクとは日本語に訳すと「危険性」と言う意味だったり、投資の世界では「ブレ」のことだったりします。
会社においての「リスク」とは、「危険性」や「弱点」と言う意味でとっていいと思います。
これをどのようにするかお知らせします。

 

「リスクを把握して補う」の続きを読む…

会社経営を行うには道理を理解して、道理を理解させる

会社経営と雑誌

会社経営者と言えば、中小企業の場合は自分もマネージングだけではなく、プレイヤーとしても活躍していることが多い。

自分が詳細を知っているが故に相手が当然理解してくれているという思いこみがここに発生してしまいます。

具体的な例をお知らせしながら、対処法についても考えてみましょう。

「会社経営を行うには道理を理解して、道理を理解させる」の続きを読む…