「意識」と「制度」の分かりやすい違い

他人の評価を高くする方法

人は失敗します。

その時に「次からは失敗しないように意識します」などと言う意思表明をされることがあります。

意識していても再発はするでしょう。

どのようにしたら、恒久的な再発防止ができるでしょうか?

具体例をお知らせします。

 

「「意識」と「制度」の分かりやすい違い」の続きを読む…

「どうしたらいいですか?」と聞く部下をどう思うか

新入社員の成長

会社経営者と言えども、他人の指示を仰ぐ必要があることがあります。

そんな時に、何と言って指示を仰ぐかによって、その人の能力が分かります。

自分が指示を仰ぐとき、他人に指示を仰がれる時に思い出してください。

 

「「どうしたらいいですか?」と聞く部下をどう思うか」の続きを読む…

ゴマすりと思われることなく上司に取り入る方法

技術者

上司に取り入る方法は色々あります。

ゴマをすれば、取り入りやすいですが、周囲から「このゴマすり野郎」と評価が悪くなってしまいます。

今回は、周囲にゴマすりやろうと思われることなく、上司に取り入る方法をお知らせします。

 

「ゴマすりと思われることなく上司に取り入る方法」の続きを読む…

会社経営者は知らず知らずのうちに心理的効果を活用している

社員と対立しない

会社経営者は、そろばんをはじくのが上手だと思っている方も少なくないですが、実は商才とは計算だけではありません。

むしろ、重要なのはほかの点にあるといえます。

これを理解していないと、実際に会社経営を始めると大いに困るはずです。

今回は、会社経営者も意外と知らない「心理的効果」についてお知らせします。

 

「会社経営者は知らず知らずのうちに心理的効果を活用している」の続きを読む…

何もしなくても自分の成果にする心理学の裏技

マラソン選手と会社経営

会社内では社長は、経営者として社員には尊敬されていて損はありません。

従業員だとしても同じです。

部長でも課長でも平社員であっても、他の社員から尊敬されていることは有利だと言えます。

今回はほとんど動かずに自分の成果にする方法をお知らせします。

 

「何もしなくても自分の成果にする心理学の裏技」の続きを読む…

苦手な人を味方につける会社経営者的心理学

会社で起こる痛恨のミス

会社経営者でなくても苦手な人は必ずいるものです。

そういった人は多くの場合「障害」となります。

ところが、この方法ならば、本人も知らず知らずの間にこちらの味方をしてくれているのです。

その名も「ウインザー効果」です。

 

「苦手な人を味方につける会社経営者的心理学」の続きを読む…