古いパソコンを使うことの会社としての損失

古いパソコンと会社経営

会社においてパソコンのトラブルはありがちです。

「再起動してみたら?」なんて言うのはよくある話です。

実は、古いパソコンは会社にとってマイナスとなると言います。

気づかないうちにお金が出ていると言うのです。

それはどういうことでしょうか?

 

「古いパソコンを使うことの会社としての損失」の続きを読む…

自分の想像以上の成果が出せない人

効率化と会社経営

コンサルの発案を実行できない経営者さんがいます。

コンサルは、ある意味、経営者とは違う目線でそのビジネスを見ます。

違う目線で見たら、違う発想が出ます。

その発想の提案が受け入れられない方です。

そういった方は、多くの場合、ご自身の発想以上の成果は望めません。

その理由をおしらせします。

 

「自分の想像以上の成果が出せない人」の続きを読む…

【遅刻したときの対処法】言い訳を考えるより良い方法があった

重体と会社経営

会社経営者の場合、「会社に遅刻」と言う概念はありません。

そうは言っても、お客さんとの待ち合わせなど遅れてはいけないときがあります。

締め切り厳守、納期厳守、10分前集合など会社には守るべき時間がありますが、人間なので、間違いも遅刻もあります。

ここを切り抜ける方法がありました。

紹介します。

 

「【遅刻したときの対処法】言い訳を考えるより良い方法があった」の続きを読む…

閑散スーパーを繁盛店にしたコンサルの注目点とは

駐車場と会社経営

店にいるお客さんの数が、店員と同じか、ひどいときは店員の方が多くなってしまう閑散店がありました。

たった2か月で繁盛店にかえてしまうコンサルの力とは!?

コンサルはどこを見て、何を考えたのかわかれば、他のすべてのビジネスに応用できるのです。

ここでは具体例を紹介します。

 

「閑散スーパーを繁盛店にしたコンサルの注目点とは」の続きを読む…

経営者になるための発想の実例と練習

会社経営とスーパーマーケット

会社経営者になりたいとしたら、必ずマスターしないといけない考え方があります。

この考え方は、個人の方ではほとんど理解できず、ご自身で商売をされている方はほとんど同じ間違いをされます。

しかも、大企業の社長でも同じ間違いをされることが多いです。

ここで実例を挙げてお知らせします。

 

「経営者になるための発想の実例と練習」の続きを読む…

あることをするだけで会社の人間関係を円滑にする方法

身内を入社させるメリット

会社に限らないかもしれませんが、相手がこちらに親近感を持ってくれたら人間関係が円滑です。

しかも、最初から円滑だと、後々楽です。

初対面でも、既に出来上がった人間関係でもいい方にかえていく方法があります。

今回はその方法についてお知らせします。

 

「あることをするだけで会社の人間関係を円滑にする方法」の続きを読む…

会社経営者として人の動きで相手の心理を知る

時間に不安がある

人は知らず知らずのうちに考えが行動に現れます。

その行動が、どんな心理を示しているかを知ることができれば、それを利用することができます。

また、その行動には、相手の性格も現れるのです。

それを知ることで、相手に合った話をすることができます。

 

「会社経営者として人の動きで相手の心理を知る」の続きを読む…

「意識」と「制度」の分かりやすい違い

他人の評価を高くする方法

人は失敗します。

その時に「次からは失敗しないように意識します」などと言う意思表明をされることがあります。

意識していても再発はするでしょう。

どのようにしたら、恒久的な再発防止ができるでしょうか?

具体例をお知らせします。

 

「「意識」と「制度」の分かりやすい違い」の続きを読む…

「どうしたらいいですか?」と聞く部下をどう思うか

新入社員の成長

会社経営者と言えども、他人の指示を仰ぐ必要があることがあります。

そんな時に、何と言って指示を仰ぐかによって、その人の能力が分かります。

自分が指示を仰ぐとき、他人に指示を仰がれる時に思い出してください。

 

「「どうしたらいいですか?」と聞く部下をどう思うか」の続きを読む…

ゴマすりと思われることなく上司に取り入る方法

技術者

上司に取り入る方法は色々あります。

ゴマをすれば、取り入りやすいですが、周囲から「このゴマすり野郎」と評価が悪くなってしまいます。

今回は、周囲にゴマすりやろうと思われることなく、上司に取り入る方法をお知らせします。

 

「ゴマすりと思われることなく上司に取り入る方法」の続きを読む…

「無駄」の「必要性」について

和菓子屋さんのコンサル

「必要」とは「必ず要(かなめ)」と書き、不可欠なものです。

「不要」とは「なかめならず」と書きますので、「要らないもの」と言えます。

ところが、実は不要なものが必要と言うことがあります。

具体例を挙げてお知らせします。

あなたは、不要なものは不要だと思いますか?

 

「「無駄」の「必要性」について」の続きを読む…

会社経営者は知らず知らずのうちに心理的効果を活用している

社員と対立しない

会社経営者は、そろばんをはじくのが上手だと思っている方も少なくないですが、実は商才とは計算だけではありません。

むしろ、重要なのはほかの点にあるといえます。

これを理解していないと、実際に会社経営を始めると大いに困るはずです。

今回は、会社経営者も意外と知らない「心理的効果」についてお知らせします。

 

「会社経営者は知らず知らずのうちに心理的効果を活用している」の続きを読む…

何もしなくても自分の成果にする心理学の裏技

マラソン選手と会社経営

会社内では社長は、経営者として社員には尊敬されていて損はありません。

従業員だとしても同じです。

部長でも課長でも平社員であっても、他の社員から尊敬されていることは有利だと言えます。

今回はほとんど動かずに自分の成果にする方法をお知らせします。

 

「何もしなくても自分の成果にする心理学の裏技」の続きを読む…

苦手な人を味方につける会社経営者的心理学

会社で起こる痛恨のミス

会社経営者でなくても苦手な人は必ずいるものです。

そういった人は多くの場合「障害」となります。

ところが、この方法ならば、本人も知らず知らずの間にこちらの味方をしてくれているのです。

その名も「ウインザー効果」です。

 

「苦手な人を味方につける会社経営者的心理学」の続きを読む…