報連相が出来ない新入社員は新入社員が悪いのか

報連相は、会社組織にとってとても重要です。

トラブル防止だったり、ビジネスが円滑に進める為だったり。

報連想の価値を否定する企業は無いのではないでしょうか。

サムライコンサル塾

ところが、新入社員は報連相が出来ないことがあります。

多くの場合、これは新入社員が悪い、と思われていますが、本当でしょうか?

報連相が出来ない新入社員は新入社員が悪いのかについて考えてみます。

新入社員の成長

もう、言い古されていると思いますが、念のため報連相について。

 

  • 報・・・報告
  • 連・・・連絡
  • 相・・・相談

 

仕事を進める上で、現在どんな状況かをこまめに報告します。

結果だけ伝えるのではないということです。

 

連絡、なにか状況が変わることも多いです。

また、最初に想定していなかった問題が横たわっていたりすることもあります。

これを上司に連絡してもらうことになります。

 

相談ですが、困った時には勝手な判断をするのではなく相談してもらうということが必要です。

 

進捗があれば報告。

何か起きたら連絡。

いつでも相談。

 

こんな感じでしょうか。

報連相などと言うと難しそうですが、こまめに聞いて相談してね、ということです。

 

ところが、新入社員はこれが出来ません。

その理由は多岐にわたります。

社員の意識が下がる

新入社員は報連相が出来ない理由

上司と会話できない

社内の人は基本的に急がしそうです。

暇な人がいたらかえってまずいです。

 

新入社員は気後れして、忙しそうな人に連絡が出来ません。

そもそも声を掛けられないので、報告も相談もないのです。

「気軽に話しかける環境を作っておく」などの対策がよく言われますが、言われたくらいでできたら誰も苦労をしません。

具体的な連絡方法を作っておくといいでしょう。

詳細は以下でお知らせします。

初めての会社経営は不安がいっぱい

何を聞いていいか分からない

新入社員は仕事の全体像などが見えていません。

それどころか、自分の仕事も分かっていないのです。

そこで「どう質問するのか」が分からないのです。

 

 

新入社員の思考について考察してみました。

「相談しよう」

「なんて言ったらいいんだろう?」

「考えよう。変なことを言ったら・・・」

結局相談できない

 

 

 

「報告しよう」

「どう言ったらいいんだろう?」

「途中で報告していいのかな?仕事の邪魔にならないように終わってから報告しよう」

1つの作業が完全に終わってから報告して、結果的に条件を満たしていない・・・

 

 

こういったときは「報告」とか「連絡」とか「相談」と言う言葉を使うのではなく「質問」でいいと思います。

何かあったらすぐに聞けるようにするのです。

 

そして、上司は当然仕事をしているので、その状態の上司に質問できる新入社員が少ないです。

だから、「メールを送る」「ラインを送る」などの方法で報告を入れるようにしたらどうでしょう?

もちろん、「急ぎの時は声をかけて」と言うのもお忘れなく。

 

メールやラインならば上司としても、一段落した時に見ることができます。

その時は上司から声をかけてあげる必要があります。

 

そうして「話しかけやすい環境」が固まったらちゃんと報連相ができるようになってきます。

シャイな人も多くなってきていますので、最初にこのような配慮が必要なのかもしれません。

 

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す