社員が会社の方を向いていない時の対処法とは

会社経営をしていると多くの場合、会社員を雇うことになります。

この人が自分の思った通りの動きをしてくれればいいのですが、人とは他人が思った通りに動かないという特性があります。

こんな時はどうしていますか?

「社長命令」と言う言葉で押さえつけるのか?

自らこちらの意図した動きをしてもらう方法は!?

実例も合わせてお知らせします。

サムライコンサル塾

 

社員は会社運営上絶対に必要と言う訳ではありませんが、会社経営者が一人でできることは限られます。

そのため、社員は会社経営者にとって必要と言っていいでしょう。

 

社員が多くなってくると、多くの場合、会社経営者の言うことを聞かないケースが出てきます。

社員は会社の不満を言ったり、他の社員に会社の不満を言ったりします。

ほおっておくと会社に対して不満を持つ社員が増えてきます。

困ったもので、問題の社員を辞めさせると他の社員から苦情が出始めます。

お金を貸してもらえない

また、問題社員はなんでか分かりませんが、会社を辞めない傾向にあります。

不満を言う様な人は能力的にもそこそこで、他で使い物にならないからかもしれません。

会社に対する不満を言っている理由が、会社を嫌いと言う訳ではなく、文句を言えるほど自分は物事が見えているというアピールなのかもしれません。

 

不満を言う社員の対処法の実例

以前に派遣会社にいた時の経験についてお話ししたいと思います。

業界経験者の方はお分かりだと思いますが、派遣会社とは現場に出ている人は自分の所属している会社にいる時間は本当に短いです。

勤務時間のほとんどを派遣先企業、配属先企業で過ごします。

 

所属会社の人と会う時は月に1度くらい。

営業が「労務管理」と称して面談に来ます。

ちゃんとした会社ならば近況を聞いて行き、会社からの伝達事項を伝えていくのですが、質の悪い派遣会社の場合、無駄話をして帰ります。

もっとも、もっと質の悪い所は面談にすら来ませんが・・・

社員の意識が高まる

そう言った状況が続くと、社員は段々会社の方を見なくなってきます。

見ているのは配属先企業、派遣先企業です。

まさに「隣の芝生は青く見える」です。

自分はその隣の良い所ばかりが見える芝生で過ごすわけですから、その人がどうとか言う訳ではなく、構造的にそう言ったものなのです。

 

そんな時、どのように対処すればいいのか?

 

  • 面談回数を増やす
  • 会話の質を上げる

まずは、こんな感じです。

ただ、これだけでは実際の解決にはなりません。

 

  • 責任を持たせる。

 

を追加するのです。

こういった場合は、個別に原因が色々あるので注意は必要です。

しかし、この場合の彼は会社に不満を持っていた根本の原因は「拗ねていた」のです。

 

今の状態でも会社の方を向いていない訳ですので、何かをやらせようと思っても言うことなど聞くわけがありません。

そこで、彼には「技術者の労務管理担当」に任命しました。

その派遣先のメンバーの労務管理を担当させたのです。

情報は必ず報告するように指示しました。

 

そして、メンバー全員の前で彼を労務管理担当に任命した事を告げ、不満があることやうまくいっていないことがあれば、彼に伝える様に伝えました。

ここで、一つアイデアなのですが、出された問題は、担当の営業と彼の2人で解決するようにしていたのです。

 

元々不満ばかり言っていた彼は、不満を聞き会社に伝えるだけならばどんどん不満を書きだして、どんどん寄せたでしょう。

ただ、営業と2人で解決することにしたことで、「自分で考えなくてはならなくなった」のです。

文句を言うだけなら小学生でもできます。

ただ、問題を解決するのはアイデアと経験が必要です。

彼は労務管理担当に任命されてから初めて考え始めました。

 

元々真面目な彼だったので、その派遣先のメンバーの話をよく聞くようになり、いい加減な対応をせずきちんと対応するようになったのです。

会社に対する不満は無くなった訳ではないのでしょうが、一切言わなくなりました。

 

 

会社の方を見ていない社員は自分をお客さんと勘違いしている場合があります。

その時は、まずその人と向き合って話をしてみて、思いきって何か任せてみましょう。

労務管理が最も大きな問題だったので、その人を労務管理に起用することで「一緒に考える側」になってくれる訳です。

 

参考になれば幸いです。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す