商品を大量に販売する「マーケティング」とは

商品を大量に販売する方法として「マーケティング」と言う手法があります。

マーケティングと言えば、商品を大量に効率よく販売する手法です。

これがどういったものか品質を理解して、自社に取り入れましょう。

サムライコンサル塾

 

マーケティングと言うと、「待ち」の手法と言われています。

「マーケティング」の反対は「セールス」だと言えます。

 

セールスとは

セールスと言われたら、玄関先に商品を売りに来るイメージがないでしょうか?

お客である我々は何もしなくても、一方的に売りこみに来るのが「セールス」です。

 

一番質の悪いセールスは、お客さんのことを何も調べずに訪問してきます。

売るものが何でもいいのですが、お客さんにそれが合っているかどうかも考えずに闇雲に売込みに来ます。

電話や直接の訪問。

あまり気持ちのいいものではありませんね。

電話でのセールス

 

次に少し上等になったセールスは自分の商品について調べてきます。

商品がどんなことに役に立つのかをすごく上手に説明してきます。

人によってはピタリハマることもあるでしょう。

しかし、全く合わないこともあります。

例えば、老夫婦に結婚式場の案内をしても不要な案内だと言えます。

 

更に優れたセールスは、お客のことをしっかり調べて

お客にマッチした商品を売りに来ます。

高級車などの場合は、医者や弁護士など高級車が買える人で、興味がありそうな人のところに売りに来ます。

注目点は、「こちらが期待していなくても売りに来る」という点です。

 

それを踏まえて、「マーケティング」について考えてみましょう。

 

マーケティングとは

マーケティングについて考えます。

 

マーケティングとは先にお知らせした様に「待ち」の手法です。

商品の良さを十分に研究して、商品の良さを公開します。

ホームページやチラシ、CMなどが良い例です。

液晶テレビ

この場合、相手のことはあまり考えていないと思われています。

ところが、テレビCMでは放送する時間帯によって広告料が異なります。

それぞれ「F-1」「M-1」などと名称も付いている程です。

ちなみに、「F」は女性。「M」は男性。

「1」は年齢層を指しています。

たとえば、深夜などは若者しか起きていないので、若者向けの広告を打つことが多いですし、早朝は年配者しか起きていないので年配者向けの商品が広告されています。

 

ホームページだってそうです。

検索エンジンの場合はキーワードからの流入なのですが、若者向けのサイトからは若者向けの商品へのリンクがされていますし、年配者が見るようなサイトなどからは、健康食品などの年配者向け商品のサイトがリンクされています。

 

この時、一番大事なのは「記憶に残ること」だと言えます。

今の世の中、テレビCMは次々流れていきますし、チラシはポストをいっぱいになっています。

ホームページも莫大な量があるので、宣伝しないと見られる事すらないほどです。

 

少しでもお客さんの記憶に残らないと電話もしないし、ホームページにアクセスもしません。

お客さんからの連絡を待つ手法、それがマーケティングです。

日本人はあまり他人とのトラブルになりそうなことは嫌います。

だから、「セールス」よりも「マーケティング」の方が好まれます。

 

商品のことやお客さんのことを調べ上げるのは同じです。

お客さんから連絡してもらうのがマーケティングと言えます。

 

 

そのために、印象に残る言葉などが必要です。

「あなたの会社の売上がたった半年で3000万円上がる!」と聞いたらすごく魅力的だと思います。

そう言った「印象に残る言葉」が必要なのです。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す