食品業界における添加物は、製造業における中国と言う現実

多くの方はご存じだと思います。

ほとんどの食品には、添加物がふんだんに盛り込まれています。

それは、コストが安くなったり、製造の手間が大幅に省けたり、その効果は絶大です。

製造業においても、「添加物」と言ってもいいようなものがあります。

 

サムライコンサル塾

 

食品業界における「添加物」とは

先にお知らせしておくと、食品業界において、「添加物」は悪いだけのもののように言われています。

実際良くないものもあるのですが、コストを安くしたり、手間を省いたり、良い効果の面もあります。

 

添加物は、無限に種類があり、中には自然界に存在しない物質もあります。

味が濃すぎるため、味覚を壊してしまったり、発がん性があったり、と良くない面もあります。

 

醤油や、お酒にも添加物は入っているのですが、従来の職人の技を添加物は再現しようとします。

極端に言うと、職人はプライドをお金に変えて、添加物に手を出すのです。

 

ちなみに、メロンは糖度12度だと3000円。

13度だと8000円となります。

丸々1個の場合は、添加物は入る余地はありませんが、カットフルーツの場合、添加物が入っていることがあります。

 

糖度12度と13℃の違いは、わずか砂糖1g分です。

一般の人は食べてもほとんどわからないくらいの差です。

添加物と会社経営

 

例えるなら、12度のメロンをカットして、添加物を加えることで13度の味を作り、8000円よりも安く売ることで利益を得ると言うビジネスが成立します。

 

 

製造業における「添加物」とは

日本は昔から手間を惜しまず物を作ってきました。

それが、最近では、手間を省いて効果をあげる商品づくりを進めてきました。

コスト重視の考え方と言えます。

 

製造業における「添加物」的存在が、中国の工場です。

彼らは存在するものならば、マネして作ることができるのです。

 

しかも安い!

日本で1000円くらいで売られている物は、原価300円くらいだと考えてください。

ところが、中国で作ると、1ドル未満です。

1ドルが120円くらいなので、100円か、110円くらいで出来ると考えてください。

 

原価が1/3なので、売値も代わってきます。

売値で単純に考えても400円~500円でしょうか。

 

日本製は価格競争をしようと、1000円で売られている物を950円とか、900円に下げられるよう原材料に工夫したり、中間コストを削ったりします。

中国品はまだまだ節約できる部分はありますので、頑張れば300円くらいまで下げられます。

ただそうなるとリスクに対して、利益が取れないので、400円に近づけようとする感じです。

 

価格が2倍違うと消費者も条件が変わります。

ちょっとしたものだとしたら、そして、半額で買えるとしたら、安いものを選ぶ消費者も増えてきます。

 

そして、中国に手を出すと、もうもどれません。

まさに、製造業の添加物だと言えます。

 

何を捨て、何を得るのか、会社経営者は判断すべきです。

サムライコンサル塾

コメントを残す