誰に経営を習うかでどんな経営者になるかが決まる

会社経営を考えた時、独学だと限界があります。

どんな経営者になるかは、どんな経営戦略を立てるかや経営方針を取るかも大事ですが、これらは「考え」を伝えるようにしただけです。

どんな考えが根底にあるのかがしっかりしている必要があります。

そこで必要なのは?

サムライコンサル塾

儲かるべくして儲かる仕組みを作る

「起業」には、個人としての起業と、事業としての起業があります。

個人が食べていくだけならともかく、「事業」として大きな成功を望むなら、「会社を大きくする方法」をきちんと理解する必要があります。

お客様のために心を尽くして誠心誠意働けば、いつか会社が大きくなると思っている経営者がたくさんいます。

ところが本当は、誠心誠意働くことより先に、「儲かるしくみ」をきちんと作り上げ、着々とやるべきことをやった人が、会社を大きくしていけるます。

肝心なのは、「そのやり方を知っているか」だと言えます。

成功する会社のイメージ

中小企業の社長が会社を大きくできない理由

中小企業出身の社長が、なかなか会社を大きくできないのは、足りなものがあるからです。

それは「情報」です。

残念ながらこの差は、いくら個人に能力があっても超えられない物だと言えます。

「じゃあどうしようもないじゃないか」と言われてしまいそうですが、あくまで情報ですので、知ってしまえばいい訳です。

 

もちろん、知っただけではなく、その情報を肌で感じて血と肉として自分のものにする必要があります。

電話でのセールス

必要な情報とは

必要な情報は「会社を大きくする方法」です。

会社を大きくすることに貪欲な会社や集団がいます。

例えばリクルート。

私の知っているところでは他にもまだまだあります。

ソニー生命。ジブラルタ生命。

組織を大きくして、会社を大きくすることを知っているのです。

 

日々組織を大きくして、会社を大きくする。

そして収益を上げていくことを日々見て、日々体験しているとそれが自然と身につくものです。

この知識と経験が会社を大きくできるものと言えます。

このブログではその情報をお届けしています。

⇒ 会社経営の方法を習得する

⇒ 誰と付き合い、誰からの情報か

 

手っ取り早く手に入れるためには、「コンサル」がお勧めでしょう。

⇒ 会社経営コンサルのノウハウを盗む

 

サムライコンサル塾

コメントを残す