話題のビットコインは投資先としてどう判断すべきか

2017年1月6日ビットコインが急落しました。

こうお話して、ピンとこない経営者の方も多いでしょう。

これがどういうことなのか解説したいと思います。

サムライコンサル塾

ビットコインとは何か

まずは、ビットコインとは「仮想通貨」です。

ネット上のお金と思ってください。

ビットコインは仮想通貨

 

「コイン」とありますが、実際に紙幣やコインは存在しません。

概念だけの存在です。

だけど物を買ったりはできます。

 

ビットコインは買うことができません。

では、どうやって手に入れるかと言うと、ネット上から「発掘」されるのです。

発掘するためのツールがあります。

これはソフトウェアです。

 

ソフトウェアがあって、それを稼働させたらお金が生まれる・・・そう考えたら24時間ソフトウェアを稼働させて、お金を次々生みたいと思うでしょう。

 

ところが、それが少し難しいのです。

ビットコインは総量が決まっていると言われています。

現在までで半分が発掘されていると言われています。

 

逆に言うと、残りは半分もあるのです。

次々発掘させたらいいはずです。

 

実はソフトは全員同じなので、ソフトを稼働させるパソコンの性能に影響されます。

実際、大学のスーパーコンピュータに忍び込んでビットコインを発掘させていた人が永久追放された事件がありました。

 

通常の通貨と何が違うのか

銀行に行ってもお金はあります。

なぜビットコインがそんなに話題になっているのか!?

銀行にお金はある

 

ビットコインは誰も補償をしていないと言うことです。

アメリカドルの場合、アメリカがそのドルの価値を保証しています。

その昔は金との価値を決めていて、対象となるドルと金を交換できていたのだとか。

最近では政府が保証しているので、アメリカと言う国がある限りドルはその価値が保証されています。

 

日本円も同じです。

日本と言う国がある限り、円の価値は保証されています。

 

ところが、ビットコインをはじめとするほとんどの仮想通貨は誰も補償していません。

一途コインのすべてのやり取りを記録しているところがあり、それが監視しているのです。

この監視役が1人ではなく、無数にいるので勝手に自分だけお金を増やしたりできないようになっています。

 

ビットコインの何が良いのか

なんだかつかみどころがなく、誰も保証していない通貨・・・

いったいどこが魅力なのでしょうか。

 

それは、誰も保証していないと言う点も魅力なのです。

 

国が介在しないので、いくら持っていても誰も管理できません。

国に取り上げられることもありません。

また、国がどうにかなっても影響を受けません。

 

国を信じない人には好条件です。

そういった意味で、ビットコインは中国人に大人気です。

 

中国では土地は国のものです。

買うことはできません。

だから日本の土地などを買っています。

自分の物になりますので。

 

お金も同じです。

いつどうなるのかわからないのです。

だからビットコイン。

ビットコインならば、海外に持ち出しても全く問題ありません。

そもそも「持ち出す」と言う概念がありません。

 

電子マネーのpaypalなどは、基本の国を登録するので海外で使うのは難しいのです。

少なくとも換金はしにくいようになっています。

 

ところが、中国は資本の規制を強めてきたのです。

まだその価値をしっかりと固めていないビットコインなど吹き飛ぶかもしれません。

中国国内からビットコインのアカウントにアクセスできなくなるかもしれません。

 

仮想通貨自体は国の影響を受けないけれど、そこにたどり着くまでのインフラやシステムをどうにかすることは中国ならば可能そうです。

実際現在もインターネットには規制がかかっています。

 

普通に使っているとyoutubeなどにアクセスできない地域もあります。

ちょっとした知識のある人だけが規制をかいくぐって本当のインターネットにアクセスできるような状態です。

 

中国が資本に規制をかけ始めると、中国人がビットコインを売り、人民元を買います。

ビットコインの取引の大半が中国人だと言われていますので、ビットコインの価値が下がるのです。

一晩で30%下がったと言われています。

 

昨日まで100万円だったのが、今日は70万円になっていると言う訳です。

ビビッて引き出すので、さらにビットコイン安は加速しました。

 

ビットコインは買いか

人が売るときに売り、買うときに買うのは最悪です。

株などと同じです。

 

最悪だ、と急落して人々が落胆しているときに買い、どんどんがって人々が買い始めた時には売るのがセオリーです。

仮想通貨はこれから色々な種類が出てきて広がりを見せるでしょうが、ほんと一時です。

統合されて、いくつかになります。

 

ビットコインは残る仮想通貨の一つだと思われますが、それも確証はありません。

知らないのに手を出すのが一番よくないと言えます。

 

ビットコインなどの仮想通貨ビジネスに参入する場合は、よく調べて、十分理解してから参入してください。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す