経費を削減!それがきっかけで新たな手段が生まれる会社経営

会社経営において、経費削減は新しい手法です。

普通なのですが、意外な方法で会社経営に有効な方法が生まれます。

サムライコンサル塾

経費を削減する効果

会社経営において人・モノ・金が必要になります。

資本と言う資金を持って、経営に必要なものを購入したり、会社で働いてくれる人を採用することになります。

 

当然仕事をする上で必要な備品や消耗品は購入しなければなりません。

人材も事業を回していくために最低限の人数は確保する必要があります。つまり、事業を進めていく上で最低限の経費が発生することになります。

ビットコインは仮想通貨
また売上を上げるために商品を製造する場合には製造原価がかかります。

製造するための設備投資により減価償却費が発生しますし、製造過程では作業員が必要になります。

仕入れて販売するにしても購入するための仕入原価が発生します。

 

このように考えると会社経営をする上で必ず発生するものになります。

当然、会社経営者にとっては利益を出すことを第一に考えています。

売上を増加させるために商品開発を行ったり、新たな生産ラインを作ったり、多種多様な商品を仕入れて販売します。

シンプルな資料で見える化
一般にこれらは売上が計上される前に支出されるために資金的に厳しい状況になります。

そのためには余計な支出を抑えたいと考えます。

絶対に必要と考えられているものについて最低限の支出にします。

また、他の安いものに代替したりと削減の対象になるのが経費なのです。

より安い製造原価にするために人件費の安い国に製造を委託する方法も考えます。

材料も安いものに変えたりすることも考えるでしょう。

トップダウンは時間の無駄

このように利益を出すために広い視野で考える必要が出てきます。

また人件費も固定費として利益を圧迫する原因になります。

とは言っても簡単に給与額を減らすこともできません。

しかし、雇用形態を変えることで可能になる場合もあります。

 

最近では派遣社員という雇用形態があって比較的に給与額を抑えた形で人材を確保することができるようになっています。

社内で使用する備品関係も購入して資産として減価償却するよりもリース契約で毎月定額に料金を支払うことで使用するスタイルが定着してきています。
このように経営者にとっては経営する上で経費は必ず発生するものであるという認識があるものの、売上を増やすために、また利益を出すためにどのようにしたらいいのか考えられる対象になるものです。

それらの努力の賜物として、その過程で今では一般的になったように、視点を海外に向け生産・製造を行ったり、新しい手段や方法が考えられたり代替案が提案されて削減され、結果的に利益をもたらすようになる考察の対象になるものなのです。

サムライコンサル塾

コメントを残す