経営者必見!行わなければならない納税の種類

経営者でも忘れがちな「税金」。

嫌な言葉です。

利益がでしょうが、出まいが持って行かれるものは持って行かれます。

どんなものがあるのかチェックしてみてください。

 

サムライコンサル塾

 

サラリーマンの場合は基本的に納税の手続きが必要ありません。

なぜなら会社から貰える給料は既に支払う必要のある税金が引かれた後の金額であり、更に確定申告などの手続きも全て会社が行ってくれているからです。

そのため納税に関する知識を全く持っていないという人も珍しくありません。
しかし会社経営者となると話は変わってきます。

他人の評価を高くする方法

 

独立するまでは会社が行ってきてくれていた手続きを、今度は全て自分で行っていく必要があるからです。

また納税の種類や仕組、支払いのタイミングなどを理解していなければ資金繰りなどに問題が発生し、経営が成り立たなくなる可能性もあります。

それでは経営者が行わなければならない納税やその手続きにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

住民税

まず起業したら住民税を意識する必要があります。

法人の場合は毎月従業員の給与から天引きし、翌月10日までにまとめて納付します。

特例承認申請書を提出しておけば、納付は毎月ではなく半年に1度にすることが出来ます。

しかし半年分をまとめて納付することになるので資金繰りには気を付けましょう。

パソコントラブルと会社経営

源泉所得税

次に源泉所得税です。

これも毎月従業員の給与から天引きします。

会社に雇用されていた時は会社が勝手にやってくれていましたが、経営者になれば自分で従業員全員分の納付を行わなければなりません。

源泉所得税に関しても住民税と同じで翌月10日までに納付、特例承認申請書の提出で半年に1度の納付になります。

パソコンの再起動と会社経営

年末調整

12月になると年末調整が必要になります。

年末調整は簡単に言えば、従業員の確定申告の代行です。

従業員の1年間の所得を計算し、天引きした税金と実際の支払額の差額を清算します。

赤字には原因がある

法定調書合計表

また1月には法定調書合計表を税務署に提出します。

同じく1月には償却資産税申告を行います。

これは所有する固定資産を申告するものです。

申告を終えると後日納付書が送付されてくるので6月、9月、12月、翌2月に支払う必要があります。

 
ざっと紹介しましたが、以上のように経営者という立場になると様々な種類の納税が必要になります。

サラリーマンで全く納税をしてこない時期が長くあると経営者に必要な納税に慣れるまで大変ですが、必ず行わなければならないことなのでしっかりと理解することが大切です。

また納税額の計算をしっかりと行い、計画的に経営を行わなければ資金繰りが行えなくなる可能性もあります。

税金は経営に直結する問題です。

知らなかったでは済まされないので注意しましょう。

 

税金を覚えたり、手続きを覚えたりする必要はない

経営者は別に会計になりたいわけではありません。

自分で何とかしようとするのではなく、税理士等に依頼しましょう。

月々数万円で、ほとんどのことをやってくれますし、いろいろ教えてもらえます。

餅は餅屋。

税金は、税金に詳しい専門家に頼むのが良いでしょう。

サムライコンサル塾

コメントを残す