経営戦略を実行するための具体的な方法

経営戦略を会社経営者が決定したら、会社経営者と会社の従業員はそれを実行し、実現しないといけません。

しかし、目標だけ決めたらそのままになってしまう事はよくある話です。

小学生の時の時の夏休みの宿題を想像したら容易にイメージできると思います。

業務となると「できませんでした」ではすみません。

では、どうやったら実現できるのか考えてみます。

 

サムライコンサル塾

 

経営戦略を実現するためには、実現のための専門チームを作るのが近道です。

そして、会社内ではそういったチーム編成のことを「組織」と呼びます。

組織を作る

「組織は経営戦略に従う」と言ったのは、アルフレッド・D・チャンドラーです。

一般には「チャンドラー」と言う名で知られています。

 

これは本が出版された1962年ごろのアメリカの状態を反映されたものだと言えます。

多角化したアメリカの大企業には、従来の機能別組織と言うのは時代遅れで適していない、と言う考え方です。

事業部制の組織にして、目的実現のためのチームにしよう、と言う訳です。

 

そのため、組織構造は戦略によって規定されます。

戦略が変わった場合、組織も再設計する必要があります。

会社経営と社債

 

それでは、次に何を基準に考えて組織は設計したらいいのか、お知らせします。

  会社組織の設計方法

  マネジメントと管理の違いとは

パナソニックの場合の例

パナソニック(松下電器)の創業者、松下幸之助さんも、松下電器を多くの事業部に分け、動かしていました。

「松下電器」と言う会社は1つなのです。

そこに「パネル事業部」とか、「家電事業部」とか、そういった組織を作りました。

経済学者の景気予想

他の会社から考えると、松下電器の「事業部」はそれ一つだけで1つの会社のような組織だったわけです。

そして、戦略を変える必要が出た時、例えば、中国や韓国に押されて、液晶を製造販売していくには採算が取れないと判断したとき、事業部を解散しました。

普通の会社ならば「倒産」でしょう。

 

ところが、パナソニック(松下電器)と言う会社の中の一つの事業部ですので、人員は他の事業部に移ったわけです。

サムライコンサル塾

コメントを残す