経営の方向を決める「戦略計画」の作り方

会社には、経営方針や、経営計画などがあります。

いずれも経営者の考えを日々の仕事に落とし込むための方法の一つだと言えます。

では、「戦略計画」とはどんなものなのでしょうか?

具体的な例も見ながら身につけましょう。

 

サムライコンサル塾

 

戦略計画とは

「戦略計画」とは、「環境や市場の変化にあわせて、企業の目標や能力を適合させるための計画」です。

企業全体の戦略を文章化したものです。

まずは、「経営計画」を作り、それを社員に徹底させ、血となり、肉となるようにかみ砕くのですが、その方法として、「戦略計画」を行うのです。

 

戦略計画の例

2008年にユニクロが作った戦略計画をお知らせします。

 

「高品質/高機能でオシャレなベーシックカジュアル」

「低価格で売れている商品の売れている理由をアピールすることによって大ヒット商品にする」

 

こちらです。

 

 

戦略計画に合わせ、長期計画と年度計画を作成します。

経営者の頭の中にあるだけでは不十分で、社員はどう考えて、どう動くかわかりません。

文章化して社内、社外に公開することが重要です。

 

戦略計画の第一歩は「企業のミッション(使命)」を明らかにすることです。

その企業という組織が達成すべき目標や使命を明確にします。

 

それと言うのも、組織が停滞する理由は、環境の変化などで使命が古くなっていることが多いのです。

不明確になっているので社員も動きにくいのです。

 

このときは、会社経営者が「戦略計画」を改めることが第一歩と言えます。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す