簡易課税のメリットについて考えてみよう

会社経営において重要なものはいくつかあります。

そのうちの一つについてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営において重要なもの

会社経営をしている場合にキーワードとなるのが売上高です。
そして売上高が1千万円以下の場合には消費税の納税義務がありませんが、1千万円を超えた時に直面するのが原則課税にするか簡易課税にするかという問題です。

会社において重要なもの
過去2年の売上高に対して消費税がかかるという仕組みになっていることから、事業を始めて2年間は納税の義務が発生しません。

しかし、1千万円を超えると翌年度に納税義務が発生します。

 

簡易課税は中小事業者のための特例になっているので、過去2年の売上高が5千万円以下の場合に対象になります。

過去2年の売上高が1千万円から5千万円の間に到達した場合、翌年度に消費税の納税義務が発生することになるのです。

会社経営と税金
仕組みはシンプルなのですが、簡易課税にする場合には進行中の年度に手続きが必要になるところが注意点となります。

簡易課税のメリットは何かということを知らないと選択して手続きしようとは思いませんから、ここで説明をします。
原則課税では売上高に消費税分をかけた数値がお客様から預かった消費税額になります。

ここから仕入れや経費に消費税分をかけた費用をマイナスします。

課税される経費と課税されない経費がありますので、計算をシンプルにするために売り上げから課税される仕入れや経費を差し引きます。

原則課税を考えると会社経営が有利になる

これがそのまま当期利益と課税されない仕入れや経費の合計額になりますから、納付税額はこの当期利益に課税されない仕入れや経費の合計額に消費税分をかけて算出した金額になります。
課税されない経費や仕入れの代表例としては役員報酬や給料手当、法定福利費、租税公課、減価償却費、地代、支払保険料、支払利息などがあります。

銀行
納付税額を預かった消費税額で割ると預かり消費税に占める原則課税の消費税額が算出できます。

当期利益に課税されない仕入れ経費をプラスして、売り上げで割っても同じ数字になります。
一方、簡易課税はみなし仕入れ率というものを使います。

業種によって指定されており、卸売業が最高の90パーセント、不動産業が最低の40パーセントで6分類されています。

 

みなし仕入れ率を逆算して考えると納付税額占有割合になり、卸売業なら10パーセント、不動産業なら60パーセントになります。

課税方法と概算額を比較して、どちらが有利かを判断することになります。
簡易課税を選択すると2年の縛りで継続利用をしなければなりませんし、還付申告ができない場合もあります。

簡易課税選択申請書を提出する前に税理士に相談をしてみて、どちらの税額が有利になるかを計算してもらうことが大切です。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す