競争優位を持続させる要素は価値の連鎖(バリューチェーン)に中にある

このページでは、経営戦略を立てる上で外せない3要素の一つ「競争優位を持続させる要素は価値の連鎖(バリューチェーン)に中にある」と言うものをお知らせします。

この3要素と言うのは、マイケルポーターの「3つの中心概念」を指しています。

ちなみに、1つ目、2つ目はこちらでお知らせしています。

 

サムライコンサル塾

 

 市場競争を左右するのは5つの要因がある

 一貫性があり、かつ効果的な戦略は3つある

 

そして、3つ目は、「競争優位を持続させる要素は、価値の連鎖(バリューチェーン)に中にある」です。

他人の成果を手に入れる方法

競争優位を持続させる要素は、価値の連鎖(バリューチェーン)に中にある

自社の優位性を見つける手掛かりになるのが、バリューチェーンです。

売上が良くなかったときや、現在の収益の柱が壊れそうなとき、多くの企業では、自社の強みを考え直すことをします。

残念ながら、多くの場合新しい考えは浮かばず、いらいらとそわそわが続くだけです。

 

そんな時は、このバリューチェーンの考えを身に着けることで、新しい目を持つ手掛かりになります。

 

バリューチェーンとは、会社の動きを「主要活動」と「支援活動」に分けて考えます。

 

主要活動

主要活動とは、以下の活動を指します。

仕入れから、製造、販売までの流れを書くイメージです。

 

購買物流

製造

出荷物流

マーケティング販売

サービス

そして、マージン

 

支援活動

支援活動とは、以下を指します。

 

調達活動

技術開発

人的資源管理

事業インフラ

 

上記のそれぞれについて、自社のことを書いていきます。

次にライバル企業について、できるだけ詳しく同じようにバリューチェーンを書きます。

 

自社とライバル会社を比較すると、自社の優位性が浮き彫りになってくると言う訳です。

計画的な会社経営

 

マイケルポーターの結論

企業競争の鍵は、ポジショニングにある。

 

「既存企業との競争」、「新規参入者」、「代替品の脅威」、 「顧客の交渉力」や「供給業者の交渉力」に対し強いポジショニン グを獲得することが重要。

 

バリューチェーンを使うことで、自社の強みを知ることができ、それを武器にポジショニングを取りやすくなる。

戦略は、「コスト・リーダーシップ」、「差別化」、「集中」のいずれかを選ぶことが必要であり、中途半端 な選択はすべきではない。

 

 

いかがでしょうか?

知っていること、知らなかったこと、言われたら納得すること、あったのではないでしょうか。

大事なのは、これらを体系立てて考えることです。

全部まとめて考えてしまうと、なんとなく強い、弱いと言うイメージが先行してしまって、本質が見えなくなってしまうからです。

自社の強みを知って、自社に有利なビジネスを展開する。

そんな考えで経営戦略とは立てる必要があるのです。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す