税金の計算は独特!?財務会計とは違う計算方法

私は社内の計算が大嫌いです。

それは、よくわからないからです。

税金の計算は結構特殊だと思っています。

それについてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営上の決算

会社経営をしていると年に1回は決算を行う必要があります。

その決算の数値は投資家や銀行をはじめとしてステークホルダーに開示され、会社の業績を説明することになります。

そして、その決算書の最終的な利益である時利益の前の項目に記載されているのが法人税等です。

 
この金額は会社の利益に対してかかる税金でその金額分だけ利益が減ると同時に同額を税務署に納付する義務があります。

そのため、企業が1年間努力して算出した利益全てを投資に回したり投資家や社員に還元することはできないのです。

また、この金額を出すには決算で行う財務会計という方法とは違う税務会計によって算出されます。

この会計は財務会計とは違った部分が非常に多くあり、また勘定科目ごとに特別な独特な計算方法になります。

ビットコインは仮想通貨
年1回の決算時において実施される法人税等の算出ですが、1年間を通して経営者の中には税法に絡む支出に関して敏感になっている人もいます。

例えば交際費や寄付金等といった支出は税法上も注意が必要な勘定科目として有名であり、その解釈方法によっては経費として認められたり認められなかったりします。

 

税務申告書を提出した後もその見解の相違で修正申告書の提出を求められたり、指導されたりすることもあります。

この見解の相違が発生する背景には納付する税金を減らしたいということもあります。

会社において重要なもの

 

節税という言葉がありますが、納税額を節約することは通常できるわけがなく、正しくは対象となる経費を節約することになります。

企業が成長するには投資を行って回収し、更に利益を出すことを繰り返すことが必要です。

 

そのため計画を立てる際には法人税等も考慮して手元にどれだけ残り、投資に回せるかを知っておく必要があります。

しかしながらこの法人税等も政府の政策によって税率が変わったりすることもあるため注意が必要です。

会社経営をしていく上では必ず関わってくることなので、税金の知識については知った上で日々の活動の中でも注意することが必要です。

経済学者の意見
しかし、納付したお金がどのように使われているか明確になっているわけではありません。

企業活動の結果として利益の一部を支払っているので用途を明確にしてもらい、それが世の中のためになっているという実感が欲しいと思っている経営者もいます。

企業活動を継続していく上では必要で仕方ない納付ですが、税務署には納付した企業に対してその用途先と効果を公開して欲しいという希望を持っている企業もあり、課題となっています。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す