社長がベンツに乗るのは本当に税金対策になるのか

会社の社長ともなるとベンツに乗る人は少なくありません。
「会社の社長なのだから」と言う理由でしょうか?

 

実は会社経営上有利になるので多くの社長がベンツに乗るのです。
社長がベンツに乗るのには3つの理由があったのです。
その理由をお知らせしたいと思います。

サムライコンサル塾

社長がベンツに乗る理由はいくつかあったのです。
そして、そのうち複数の理由で社長はベンツを選んでいたのです。

以下にお知らせします。

税金対策にベンツを買う

 

社外に儲かっていることをアピール

ベンツに乗ることが出来るのだから、この会社は儲かっていると思わせることができます。
これから付き合う会社なので儲かっていない会社だと不安です。
一方で「儲かっています」と言葉で言うことは出来ませんので、乗っている自動車か着ている服でアピールするしかありません

この方法は自動車で示しているのです。

税金対策と自動車

 

もちろん、自分が高級車が好きだからと言う理由もあるかもしれません。
一定年齢以上の人は、自動車に対する思い入れが違います。
自動車にステータスを求める方も少なくありません。

 

税金対策

新車を購入すると、減価償却あります。
今年儲かったからといって、例えば2000万円の自動車を買ったとします。
しかし、新車の原価償却は6年間
つまり1/6づつしか経費として認められません。
2000万円の場合は、

 

2000万円÷6年間=333万円

 

ほどしか経費にならないのです。

赤字経営者がのどから手が出るほど欲しい現金

 

これでは税金対策にもなりません。
分かっている社長は「中古車」を選びます。
4年落ちの中古車は減価償却まであと2年です。
2000万円で自動車を買ったとしたら、

 

2000万円÷2年間=1000万円

 

となります。

 

初年度2000万円のうち1000万円が経費に乗せられます。
残りは翌年経費に乗せます。

 

実はここに「マジック」があります。
支払方法は現金でも、クレジットカードでも、ローンでも良い訳です。
ローンで4年払いにしたら初年度支払うのは概ね1/4の500万円です。

節税のためのマジック

 

現金で500万円使って、経費としては1000万円が申請できます。
もちろん、合法です。
翌年も同じことが出来ます。

 

2年で1000万円自由に使えるお金ができるという訳です。

 

3年目以降はローンを払うことになるのですが経費としては認められません。
手元には自由に使えるお金1000万円があり、あと2年のローンで合計1000万円の支払いがあるのでトントンと言えます。

 

儲かってはいないですが、損もしていません。
痛い目を見ずに高級車を買えるのだから、ある程度利益がある会社の社長ならば自分が好きな自動車を買うことは普通と言えます。

 

隠し資産を作るため

ここまでは、会社の利益で損せず好きな自動車を買える話でした。
税制上有利なのはここからです。

 

4年落ちの中古車を買って2年で減価償却を終えた自動車は、6年目となりますが税金上は無価値の物となります。
固定資産としては価値ゼロです。

 

ところが、中古車市場に6年落ちのベンツを出したらいくらになるでしょう?
こちらで調べてもお分かりですが、程度が悪くても500万円程度にはなります。
状態が良ければ800万円にはなるのです。

⇒ 無料の中古車買取査定はこちら

 

無価値の物が自分の任意のタイミングで500万円~800万円の現金に変わるのです。
これを「隠し資産」と言わずして何を隠し資産と言うでしょう。

しかも、これは税制上合法です。
胸を張って隠し資産を作ることが出来るのです。

合法隠し資産

会社の景気の良い時は、ベンツを買って、原価償却を終えたらあとは会社が大変な時に中古車買い取りでベンツを買い取ってもらえばいいのです。
ベンツはある程度の年数が経過しても価値の低下が少ないのでこれが使えるのです。
カローラではできません。
日本車で言えばレクサスならば可能かも知れません。
世の社長がベンツに乗る理由はこのような秘密があったのです。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す