社長の奥さんの給与が8万5千円の理由

会社を経営している社長の奥さんがその会社に勤めていることがあると思います。
その時の給与が8万5千円であることが多いんです。

 

それはなぜでしょうか?
一般の方が知らない秘密のがったんですね!

サムライコンサル塾

会社にしている最大のメリットは「経費」にできると言うことです。
実はこの奥さんの給与が8万5千円なのもそれが理由なのです。

どういうことなのか、そのからくりを詳しくお知らせして行きます。

 

年収103万円の壁

パートさんなどが気にしているのを見たことがあるかもしれませんので、ご存知かもしれません。
年収が一定以上になると税制上不利になるのです。
そのひとつ目が「年収103万円」です。
「年収103万円の壁」なんて言われています。

年収103万円の壁

年収103万円の壁
これを超えると、旦那さんの扶養から外れてしまうのです。
サラリーマンの奥さんは、収益を上げていませんが旦那さんと共に収益を上げている、と言うことで一定額以内は税金がかからないのです。
その額が年収103万円なのです。

ちなみに、扶養者がいると旦那さんは38万円「扶養控除」があり、税金が安くなります。

 

奥さんが年収103万円以上稼いでしまうと年収が38万円高く計算され、多く税金を払う必要が出てくるのです。
例えば、1万円超えて、奥さんの年収が104万円になったとします。
この時、旦那さんの税金は10万円~20万円高くなるという訳です。

 

年収130万円の壁

シングルマザーの方など不要に入っていない方は103万円の壁は気になりません。
また、絶対103万円を超えるので扶養控除を諦めた場合があるでしょう。

 

しかし、年収130万円を超えると奥さんご自身が社会保険に入る必要が出てきます。
この場合、旦那さんの税金が上がる以上に税金が高くなります。

 

これだけで年間10万円以上です。

もちろん、旦那さんの税金アップはこれと別です。

 

 

時給制じゃダメなのか

扶養控除をうまく使って旦那さんの不要に入った状態で、かつ旦那さんの税金を増やさない様に給与を払痛い訳です。

 

そうすれば、合法的に税金がかからず会社から奥さんにお金を払うことができる訳です。

 

今月は儲かっているから、給料を10万円。
2月8月はニッパチで厳しいから3万円・・・などとしたいところです。

 

ところが、これはお勧めしません。

 

それは、管理している方も人間です。
ミスが起こるからです。
103万円、130万円を超えると、増えた以上に税金が高くなるのです。
ざっくり計算すると、社長の給料にもよりますが、10万円~20万円くらいです。

 

計算ミスで10万円~20万円取られたら踏んだり蹴ったりです。

 

では、なぜ月に8万5千円なのか?
103万円以下にしたいので、12か月で割ると・・・

 

103万円÷12か月=8万5833円

 

ここまでギリギリだとあまりにあからさまなので、切りよく8万5000円なのです。

あ、万が一税務署に奥さんの業務について尋ねられることがあった時、社長は答えられるようにしている必要がありますし、奥さんもそれを理解しておいて下さい(^^

 

 

まとめ

会社経営者は無税で家に給与を出すためには、奥さんを扶養に入れ月に8万5千円給与を出す。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す