相談役は本当に必要なのか?

会社には色々な役職があります。

社長は分かりやすいのですが、副社長と専務は同じなのか、別なのか。

課長補佐や課長代理は本当に役職なのか!?

そんな中、「相談役」が本当に必要なのかと話題になっています。

 

サムライコンサル塾

 

相談役とは?

そもそも相談役とはどんな役職で、どんな仕事とをしているのでしょうか?

相談役の多くは、社長経験者です。

その会社、もしくは近い会社で社長を経験しているから、現社長が困ったときに相談できる役職と言うことです。

 

それだけ聞いたら、いた方が良さそうですが、メリットもあれば、デメリットもあります。

社長が相談できる代わりに、心を許した相談までする相手なので、報酬も高いのです。

効率化と会社経営

相談役のデメリット

相談役のデメリットはまだまだあります。

決定的なデメリットは、社長の信頼があることです。

相談役の意見、アドバイスは、社長が鵜呑みにしてしまう可能性があるのです。

 

実はこれは怖いことで、責任はないのに、発言力がある状態を言います。

社員としてみたら、お猿が運転する電車に乗っているようなものです。

不安でしょうがありません。

 

相談役を立てるにしても、ほどほどで。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す