現実のお金の流れを正確につかむ

会社とはお金(キャッシュ)がなくなってしまうと、どんなに利益が出ていようと会社は倒産してしまいます。
特に中小企業の場合、会社のお金が足りなくなるとオーナー社長がお金を補填したりすることが多いです。

 

銀行などからお金を借りて、借入金の連帯保証に社長が入っていたりすることもあります。
そのため会社の倒産は社長の破産へと直結することも多く、資金管理はとても重要なのです。

サムライコンサル塾

お金の流れを捉えたのがキャッシュフロー

帳簿上で(最近はエクセルや会計ソフトの場合も多いでしょうが・・・)出ている利益は、実際に入金がなくても売上が計上されている。
いわゆる「売掛金」などがこれにあたります。

社会保険料は意外に高額

まだ払われていないお金も、計上された上で計算されています。
そのためいくら利益が出ていたとしても、その裏付けとなる現金(キャッシュ)が会社にあるとは限らないのです。

 

最悪の場合、「黒字倒産」ということが起きる得るのです。
これを事前に防止するために、実際のお金の動きを表示するのが「キャッシュフロー計算書」なのです。

キャッシュフロー計算書には、以下3つの区分があります。

 

  • 営業活動キャッシュフロー
  • 投資活動キャッシュフロー
  • 財務活動キャッシュフロー

 

専門的な説明はここでは省きますが、どの動きでお金が生まれ、どの動きがお金を減らしているのかを「見える化」できます。
キャッシュフロー計算書ではこのことを見た目で理解できるようになるのです。

どのような動きの結果として締めの後に現金がどれくらいあるのかわかるのです。
帳簿上の黒字、赤字に関係なく、手元にあるお金の残金が分かるといえば理解しやすいかもしれません。

経営は計画通りには進まない

わざわざ専用の書式にしなくても、エクセルなどに大きなお金の動きだけ記載しても十分だと言えます。
だいたい年商10億円くらいまではこれで十分です。
1つ1つの細かいお金の動きを知る必要はなく、大きなお金がいつ出ていって、いつ入ってくるか分かっていればいいのです。

 

お金の流れを分析する

キャッシュフロー計算書を作るメリットとして、見た目の現金の量が分かることのほかにも使い方があります。
各区分に表示されている項目を詳しく見ると、会社のどの活動がお金を生み、どの活動がお金を減らしているのか分析できるのです。

 

中小企業の場合は、キャッシュフロー計算書の作成は義務付けられていません。
しかし資金を効率よく増やしていきたいのであれば、作成していくと良いと言えます。

 

いちいち専用の書式でこういった書類を作るのは面倒だという方もおられますが、最近の会計ソフトは優秀です。
日々の収支を入れておくだけで、簡単にキャッシュフロー計算書が作成できる製品もあるのです。

合法隠し資産

比較的小さな資金を動かしている間は、なんとなく感覚でとらえているのですが、もう少し大きな資金を動かすようになったら「資金繰り表」というものを作成していくと良いでしょう。

 

将来の資金不足が予想されている場合は特に重要です。
日々の入金・出金の予定を立てて、日々の預金残高まで予測していくのだ。

 

会社経営をしていると、必ず浮き沈みがあります。
健全な経営を続けるためには、こうした予防策も含めて早めに対応しておくことが重要と言えます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す