無駄をなくし時間を有効活用!経営者の鉄則

何のために会社はあって、何に時間を使うのか考えておかないと、時間はただただ過ぎていきます。

無駄に過ごした時間にもお金はかかっているのです。

そんな無駄を排除するために会社経営者にとっての時間の使い方について考えてみましょう。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営者の仕事とはやりがいのある仕事である一方、重責を担うものでもあります。

やりがいを提供し事業を安定させ継続させることが重要であり、最大の任務となっています。

目的と理念はやりがいを生む源となり、事業存続に繋がります。

会社経営の時間管理

 

加えて向上心も大切で、社会に貢献しながら常に進化することが大切です。

これらのことを達成するには時間を有効に活用し、成果を得なければなりません。

ここでは経営者におすすめの時間の使い方をご紹介します。

 

経営者は一般従業員とは違う

まず最初に一人でビジネスや会社を経営している方は、普通の会社員と同じような考え方を持って仕事に取り組んでいるようでは成果は得られません。

通常は仕事に優先順位をつけて行う場合が多く見られるものの、経営者がこれをやってしまうと継続的に利益を生み出すことはできません。

効率化と会社経営

何故なら会社経営者の一番の仕事である売上を増やす仕組みを作り、利益を生み出すことは、優先順位をつけてテキパキと仕事をこなしたところで成しえないからです。

経営者はやるべきことのみ行い、経営者がやらなくても良いことには取り組まないといった無駄な時間を使わないシンプルな選択が必要です。

 

時間をお金に換算する考え

次に経営者自身の時給を念頭に置いて仕事をするということが、会社の利益に大きく影響してきます。

経営者の時給は一般の会社員と比較すると高額な金額となります。

会社員と同じように幅広い仕事を請け負っていたのでは採算が合いません。

 

経営者が携わる仕事が時給に見合ったものかどうかを的確に判断しなければ本末転倒となり、利益に繋げることができなくなってしまいます。まず時給の計算を始めましょう。

ビットコインは仮想通貨

取り組むべき点取り組まない点の取捨選択

そしてやらない基準を設けることが重要です。

金銭的数字で判断するのは勿論のこと、いわゆる日本人独特のお付き合い精神や業界でまかり通っている常識とされていることなどの基準をどう設定するかによって、必要となってくる時間が大きく変わってきます。

冷静に判断することが時間の無駄遣いをな無くします。

 

時間の管理方法

最後に時間を管理することが必須となってきます。

スタッフの話や電話、訪問者にやみくもに対応していてはいくら時間があっても足りません。

 

集客や売り上げに繋がる時間を確保することが第一優先事項であり、それを妨げるものは遮断する必要があります。

会議の時間には携帯を切り、会議に集中できる環境をつくることで最低限の時間と労力で成果を得ることができます。

このように生産性の向上を促す環境づくりが、最低限の時間で利益を生み出すことを可能にします。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す