準備が大事!会社経営者の世代交代!

人は永遠に若くはありません。

人は永遠に働けるわけではありません。

これは人類の歴史が始まったときから同じで変わりません。

ある会社が急成長して、そのままを維持したとしても、必ず迎える問題があります。

それが「世代交代」です。

 

サムライコンサル塾

 

会社が避けられない問題「世代交代」

会社が長年存続していくためには会社経営者の世代交代が確実に必要になってきます。

そのためには時間をかけた準備が必要なのです。

 

長期間に渡って成功し続けている会社には次の世代を内部で育てる独自のシステムが存在します。

外部から優秀な経営者を抜擢する企業はむしろ少数派です。

理由を考えてみると納得できます。

 

その会社のことを隅々まで知っているのは共に成長してきた社員なのです。

内部でその会社に合う経営者に育て方がはるかに合理的です。

 

企業経営者はどのようなシステムでスムーズに世代交代を進めれるとよいかを成功例を元に示していきます。

1つ目として社員の適性を見抜くことです。

新入社員の成長

会社では社員の適性を現場の仕事の面でのみ判断されることが多いです。

現場での仕事は向いていないが、マネジメントの技術は素晴らしいという人材も存在します。

 

経営やマネジメントは技術なのですから、その素養は目を凝らせば見抜けます。

2つ目は原石を磨くということです。

素養はあくまでも素養でしかありません。

 

ですから、磨くために教育を施すのです。

ただ、それはMBAだったり、外部研修というものではありません。

マネジメントの現場で先輩から学ぶ教育です。

将来会社を背負って立つという気概を持ってもらい、会社の先輩から技術を学ぶのです。

 

人を動かす技術はすぐに身に付くものではありませんから、ゆっくり時間をかけてマネジメントを学ばせるといいです。

3つ目として経営者としての技術を学ばせることです。

 

マネジメント技術が向上して来たら、会社の全体を見てどのように進むべきかを考えてもらいます。

現在の経営者はこの点に関して話し合い、アドバイスをすることが重要になります。

 

その時点で次世代の候補者は会社のマインドを身につけているので、進むべき道は見えているはずです。

その補強をアドバイスするだけでいいのです。

 

会社ごとに違うもの

さて、このように次世代の経営者を育てるためには時間と労力が必要なのが分かります。

存続に成功している会社はこの一連の教育を実施しています。

経済学者の景気予想

会社の風土やマインドはそれぞれの会社で違うものです。

マインドを理解している経営者は会社のことをよく理解しています。

存続する会社にとって有能な経営者は会社のことを愛し、会社のことを理解しているということが重要なのです。

 

そのような経営者を育てる仕組みをじっくり時間をかけて準備することで長年存続できる会社になるのです。

世代交代を行う時に慌てないための方策は準備に秘密があるのです。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す