消費税を払う必要がある事業者とは

会社経営をしていると払う必要があるものとして
「消費税」があります。

「3期目から払う」と言っていますが、
必ずしも3期目からではありません。

また、売上1000万円を超えたら払うとも言われますが、
必ずしもそうではありません。

詳しくお知らせします。

サムライコンサル塾

消費税は売り上げが1000万円を超えた場合にかかります。
ただ、これだけでは「言葉足らず」なのです。

厳密には「売り上げが1000万円超えた場合、
その2年後から消費税がかかる」と言うことです。

赤字経営者がのどから手が出るほど欲しい現金

会社を立ち上げた年(初年度)から売上が1000万円を
超えたら2年後の3期目から消費税を払う必要があります。

※資本金が1000万円に満たない会社の場合。
初年度に売り上げが1000万円超えている場合には、
3期目に消費税の計算をする必要があります。

しかし、この「1期目の売上に対しての消費税」ではありません。
「3期目の売上に対しての消費税」を計算することになります。

 

3期目でも消費税を納めなくていい例

極端な例を考えてみましょう。
設立年(1期目)に売り上げが1000万円だったとします。
1期目、2期目は消費税の納付は不要です。

3年目は会社に大変なことが起きて、売上がゼロだったとします。
この年、消費税を払う必要はあるのですが、
売上がゼロなので、消費税もゼロです。

経営は計画通りには進まない

1千万円をいくら超えるか、いくら足りないか

売上は、1000万円よりもどれくらい多いかは関係ありません
1000万1円と10億円は同じ扱いです。
また、売上0円と1000万円も同じ扱いです。

「いくら多い」とか、「いくら少ない」とかではなく、
「超えたか超えていないか」で2年後に支払う必要性が出てきます

 
ずっと売上が1000万円を超えない会社はずっと消費税を
支払う必要がないということになります。
1人の会社だとしても、それでやっていけるか、という話になりますが・・・

経営者に取って心の解放は重要

赤字でも消費税を支払う必要がある

消費税はその年の売り上げにかかります。
また極端な例を考えてみます。

 

今期は売り上げが1億円です。
2期前は売り上げが1000万円を超えたので、
今期は消費税を支払う必要があります。

今期は売り上げは1億円なのですが、
経費が加算で1億1000万円となり大赤字だったとします。
しかし、1億円の売上に対して消費税は課税されます。

 

この場合かなり痛いですね。
計算は単純に1億円に8%とか10%とかではありませんが、
痛いことに違いはありません。

注意しておきたいものです。
税金を払って会社が倒産と言うのもあり得る話ですから。
会社経営において、税金のことを大まかでもいいので
理解することはとても重要です。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す