消費税の支払いが必要な企業かどうかの判断

消費税。企業にとっては意外な出費です。

消費税は払う必要があるか、無いかは2年前(2期前)の売上を見る必要があります。

サムライコンサル塾

さて、2期前の売上が1000万円を超えていることと、今期がプラスの場合は消費税を払う必要が出てくるわけですが、それでも消費税を払わなくていい場合もあります。

逆にお金がもらえることだってあるのです。

極端な例ですが、お知らせします。

 

消費税について

まずは、消費税ですが2期前に1000万円以上の売り上げがあったら基本的には今期消費税を支払う必要があります。

だから、会社を作ったあと2年(2期)は2期前は存在しませんので消費税を支払う必要はありません。

早くても3期目からです。

bsPAK85_graphwoteian20131223

2013年1月に会社を興したとします。

2013年の1月から2013年の12月までが1期目になります。2014年1月から12月が2期となり、2015年が消費税を始めて払う必要が出てくる期となり、実際に払うのは2015年(3期目)の売上に対して計算します。

2015年12月までで締めますので、実際に消費税を払うのは16年の頭となります。

 

2013年が儲かっていて売り上げが1000万円を超えていたとします。

そしたら3期目の消費税を納める必要がありますが、3期目の売上がゼロの場合、消費税は支払う必要がありません。

 

売上がゼロではないのに消費税を払わなくていい場合

売上がゼロではないのに消費税を払わなくていい可能性があります。

それは「経費」です。

経営は計画通りには進まない

簡単に言うと、会社として1年間消費税は一旦預かって締めた後支払わないといけない消費税と、会社運営のために買った物に対して支払った代金(経費)の消費税もある訳です。

簡単に言うと、預かった消費税から、払った分を差し引いて差額分の消費税を国に治めることになります。

 

預かった消費税と支払った消費税が同じ場合、消費税を払う必要がなくなります。

厳密にはゼロになることになります。

日本は恥の文化

逆の場合もあります。

売上が少なく、経費が高い場合、消費税は払った方が多くなります。

この時締めると消費税が還付されます。

ただ、国として消費税を企業に払う場合結構手続きが面倒です。

場合によっては税務調査が入る可能性もあるのだとか・・・

 

こちらはデータの母数がそれほどないので定かではありませんが・・・

 

厳密に言うと消費税の計算方法が2種類あります。

原則課税方式と簡易課税方式です。

国の使う言葉は難しいので、ここでは「本当の計算方法」と「簡単な計算方法」と読み換えてお知らせしたいと思います。

 

本当の計算方法(原則課税方式)

本当の計算方法は、読んで字のごとく全ての売上で預かっている消費税を算出して、全ての経費で払った消費税を算出します。

そして預かっている分から払った分を引いた額を納める消費税として計算します。

 

仮に売り上げが4320万円だったとします。

このうち消費税は8%なので320万円です。

 

一方経費は2160万円だったとします。

消費税は160万円です。

 

320万円-160万円=160万円

 

この差額の160万円が納めるべき消費税となります。

 

 

簡単な計算方法(簡易課税方式)

簡単な計算方法は、経費の計算をしません。

売上だけで算出できます。

上の例だと今期の売上は4320万円だったとします。

 

消費税は8%の320万円です。

この1/2が消費税として納める額になります。

 

320万円÷2=160万円

 

 

どちらが得か

上記の例だと消費税として納める額は同じになります。

・・・と言うよりも同じになるように売上額と経費の額を作りました。

 

最近のネット系企業の場合、仕入れがほとんどないこともあり経費が非常に少ないです。

この時はどんなに経費が少なくても計算する必要がなく、売上から算出した消費税の半分でいいので有利です。

 

経費がすごく少ないのに本当の計算をしたら既に払った消費税が少ない訳なので、払うべき消費税が多くなってしまいます。

それぞれご自身の会社の業態を考えて、経費が多いのか少ないのか、それによってどちらを選ぶか判断する必要があります。

 

決算の後に決められればいいのですが、これは先に申告しておく必要があります。

仕入れの額が大きくて利益が薄い会社があったら本当の計算方法で算出した方が有利だと思います。

ただ、この場合大量に仕入れて利益が少ない会社だということになるので経営的に安定しているかどうか、と言う別の問題はありますが・・・

 

消費税に限ったこととしては、売上の多さ、経費の多さ(それも消費税がかかるもの)をみて判断する必要があります。

 

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す