初期投資が大きすぎる業界は新規参入できない

業界によっては、初期投資が大きすぎる業界があります。

例えば、油田開発です。

個人で急に始めようと思っても、とてもじゃないですが資金が追いつきません。

どのような業界が参入困難でしょうか。

 

サムライコンサル塾

 

新規参入困難な業界の共通点

新規参入が困難な業界の共通点として、初期投資が大きいことがあげられます。

 

自動車業界

製鉄業界

化学物質

医薬品

半導体

液晶・・・

駐車場と会社経営

いくらでも出てきます。

これらに共通することは、工場がかなりの規模必要と言うことです。

その工場なくして、製品は作れないからです。

 

乗り換えコストが高いもの

既に使っているものから、他に乗り換える時のコストが高いものを言います。

最も分かりやすいのが、OSです。

 

現在Windowsを使っている方が、急に全く知らない新しいOSに乗り換えると言うのはほぼ無理です。

まず、使っていたソフトが、全て使えなくなります。

新しいOSを買う費用も掛かります。

電子定款

慣れるまでの時間と手間も、誰だって嬉しくないでしょう。

 

OSに限らず、ソフトウェアも同様です。

エクセルやワードに変わるソフトをいくら開発しても、既に慣れている人が多いので、他に行くのは難しいです。

 

お金の面だけではないのがミソですが、「スイッチングコスト」「切り替えコスト」が高い業界は成功できないので、新規参入が困難です。

サムライコンサル塾

コメントを残す