会社経営者的に消費税は重視する必要があります

消費税は無視できない経費です。

住民税や市民税、法人税と同様に常に考えておかなければならない税金です。

サムライコンサル塾

住民税や市民税は決まった額なので管理はしやすいです。

法人税は現在の利益を把握する必要があるので把握は割と難しいです。

さらに、消費税は売り上げに対して来るので更に難しいです。

ざっくりとした考えならば、売り上げの半分が税金、と思っていれは不足することはありませんが、それだとキャッシュが足りなくなる会社もあるでしょう。

大盤振る舞い社長

消費税は経費年月買った品物やサービス分の消費税分を引いた額が納税額です。

割と計算は大変です。

最後の最後にしか正確な額が決定しません。

少し余裕を持って考えておくしかありません。

 

消費税が貰える場合

ごく稀に、消費税を払うのではなく、貰える事があります。

これは、売り上げが酷く悪い場合です。

プラットフォーム

例えば、経費で1000万円分何かを買っているとします。
この時、消費税をと考えたら74万円ほどが消費税となります。
先に払っている消費税と考えます。
自社の売り上げが1000万円以下の場合、納める消費税分よりも少なくなってしまいます。
例えば、売り上げが500万円の場合、37万円ほどが納めるべき消費税の全額となります。
先に払っている消費税分と、預かっている消費税分万円とを相殺するのですが、この場合、先に払っている方が多いです。
74万円 − 37万円 =  37万円
37万円!
ただし、申請しないともらえないと言う不親切^^;
売り上げが悪い時は1円でも何とかしたいところ。
売り上げが悪い時は計算してみてください。
サムライコンサル塾

コメントを残す