会社経営者は生命保険に加入するべき?

会社経営者が生命保険に加入する理由として挙げられるのが、保障の他に節税対策を行うという理由です。

経営者にとって節税対策はメジャーなもので、社員などを被保険者、会社を契約者にして加入する生命保険を法人保険と呼びます。

法人保険のメリットとして大きいのは、保険料を経費として計上出来ることにあります。

 

サムライコンサル塾

 

保険は経費になる

経費として計上することによって保険料分の控除が出来るので節税に繋がりますが、返戻金には課税されてしまいます。

そのため、毎年の保険料や保険料の払込期間、返戻金、法人税などによっては節税ではなく課税の繰り延べになってしまう可能性があるのです。

 

法人保険を選ぶ際には個人で加入する保険とは違う為、自社にどんな保障が必要なのかを見極めないと必要な保障が受けられなかったり節税する意味がなくなったりと加入する意味がなくなってしまいます。

そこで法人保険に加入するポイントとして、返戻金が高いものを選ぶ、保険料の全額を経費として回すことが出来るかどうか、保障内容の3つを重視して選びましょう。

ビットコインは仮想通貨

個人保険と同じところ、違うところ

返戻金が高い保険を選ぶのは個人で加入する保険と同じです。

しかし、法人保険の場合は保険料払込期間が終わったとしても返戻金が倍以上になるケースはあまりありません。

 

もちろん払込期間が長いほど高い返戻金を受け取ることが出来ますが、ほとんどの場合は100%まで届きません。

よって法人保険を解約する際に戻ってくる返戻金は支払った保険料の総額よりも少ないということに注意する必要性があります。
そして理想として保険料を全額経費として計上出来た方が会社にとって嬉しいメリットになり得ますが、全ての保険がそのような仕組みになっているわけではありません。

保険の種類の中には半分だけ、もしくは4分の1しか計上出来ない場合があります。

せっかくなら全額計上出来た方が嬉しいのでなるべく全額計上出来る保険を探すのが得策ですが、中には全額計上出来るメリットの他に返戻率などを初めとするリスクが隠されている可能性があるので注意しましょう。

シンプルな資料で見える化

保険のまとめ

会社にとって節税対策は経営の為にも欠かせないものです。

しかし、節税対策ばかりではなく保障内容にもしっかりと目を向けましょう。

 

節税対策ばかりに集中して他の保障が疎かになっていると、いずれ足元をすくわれてしまうかもしれません。

経営者に万が一のことがあった時に会社を支えることが出来るかどうかが重要です。

十分な保険金が支払われるか、支払い率はどれくらいなのかをチェックしましょう。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す