会社経営者の時間の使い方とは

会社経営者とサラリーマンの大きな違いの一つとして「時間の使い方」があります。

その時間の使い方についてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営者の時間の使い方とは

サラリーマンは、基本的な勤務時間が決まっており、与えられた仕事が勤務時間内に終了すると、会社での勤務時間が終了となり、仕事から解放されます。

会社経営の時間管理

一方、会社経営者はサラリーマンと違って、決められた勤務時間という概念がありません。

時間に縛られない勤務体系ですが、「会社の収益を上げる」と言う使命を負っています。

完全に自由な勤務体系と言う訳ではありません。

 

会社経営者は、24時間365日会社の収益をあげるために、時間を有効活用していく必要がある訳です。

ただ、これは24時間365日働かなくてはいけないという事ではありません。

 

24時間働いているけれど、24時間休み・・・こんな感覚でしょうか。

 

効率良く仕事を進める為には、休憩も必要ですし、仕事以外のプライベートの時間を有効活用する事で、
その後の仕事が効率よく出来るようにする事も、会社経営者には重要な事です。

時間に不安がある

よくある、会社経営者同志でゴルフに行くなども、単に趣味でゴルフをしているわけではありません。

他社の会社経営者と情報交換をしたり、仕事のアイディアを貰ったりと、本業の仕事に刺激を与える事が多いのです。

忙しい時間を調整してでも、ゴルフに行く会社経営者が多いのです。

会社経営者とゴルフ

 

もちろんゴルフをする事で、健康な体作りを維持するためにも一役買っていると思います。

ゴルフは18ホールプレイすると、おおよそで10キロ(1.5万歩)歩くと言われていますので、健康維持にも役立っているのです。

 

 

また、人間は歩いていると、脳に刺激が行き新しい考えや発想が思いつきやすいと言われています。

その為、ゴルフで多く歩いていると、会社経営に役立つ発想が思いつきやすいという良い点もあります。

 

会社経営に役立つ人脈作り&健康維持&新しい発想が思いつくように脳に刺激を与える。

これらを同時に行っているゴルフは、会社経営者の時間の使い方としては、まさに効率的で理想的な時間の使い方と言えるでしょう。

 

 

またゴルフと同様に、会社経営者同志でのランチや夕食会に参加する事も、人脈作りや新しい情報交換の場として役立つことが多いと思います。

 

 

健康維持に役立つフィットネスジムやサウナでの裸のお付き合いなども、意外と他の経営者と親密になれるチャンスにもなりえます。

時間の有効活用の一つとして利用したいものです。

フィットネス

このように、会社経営者は限られた時間を有効活用するために、1つの事で複数同時にこなすなどの時間の有効活用をする事が大切になってきます。

また、会社経営者は、無駄に時間を過ごさないような計画的なスケジューリングで、会社経営を円滑に進める行動を常に心掛けていきましょう。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す