会社経営者に必要なお金の知識

会社には、多くのお金が入っては出ていきます。
会社と言う組織自体が「利益を出すこと」を目的としているからある意味当然と言えます。
ただ、必要最低限のお金の知識がないと困ることは絶対に出てきます。
小学生が大金を持ったのと変わらない・・・と言うのだけは避けたいところです。

会社と言う組織として、「お金」を中心に考えられる必要がある。

サムライコンサル塾

銀行にお金を借りやすい

具体的に求められる物

では、何を知っていればいいのか、と言う話になります。
具体的には財務諸表や試算表、貸借対照表といったお金に関する書類に落とし込んでいくことになる。
書類を作成する作業自体は自分で行う必要はありません。
専門的な知識が必要なこともあります。

税理士など専門家に任せる
税理士などの専門家に任せ、その結果の説明を受ければいいのです。
ただ、概要と、要点が理解できている必要があります。
分かった上で、自分が知りたい情報について質問すれば良い訳です。
何もわからないままに、「良いですよね?」「はい」では困ると言えます。

 

多くの経営者候補が間違えること

よく聞かれるのですが「会社を経営するなら、会計・財務の知識を完璧に習得しておかないと」と思っているの方が多いのです。
これは全くの間違いです。
会社経営者に求められるものは、そう言ったお金に関する知識ではなく、安定したビジネスモデル、売上をあげる方法、顧客満足、会社の将来の戦略などと言えます。
会社経営者が持つべきは末端の作業ではなく、全体の流れを理解できる大まかな知識です。
何がどう動いて、どのようになっているのかを把握でき、それにどのように対応すればいいのか理解でき、指示できればいい訳です。

 

会社設立の前後に、会計に関する書籍を読みあさったり、簿記を勉強したりする人がいますが、それは時間の無駄と言えます。
経営者には、もっとやるべきことがあるのです。

情報源は雑誌

餅は餅屋。専門的なことは、専門家に任せ、必要な情報は報告を要求し得る。
疑問点は質問をすることで補足して、知識と経験を積み挙げていく。
どこに注目すべきかの勘所が分かっていればいいのです。

実作業は社内の社員や社外の専門家に任せ、自分は自分の仕事「物事の判断」に注力すべきだと言えます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す