会社経営者にもたらす借金のメリット

あなたは借金が好きですか?

嫌いですか?

多くの人は借金が嫌いでしょう。

ところが、会社においては借金は必ずしも悪いものではないのです。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営者にもたらす借金のメリット

無借金経営という響きは借金=悪と考えている人達にとっては、魅力のある企業であるように感じることでしょう。

しかし、会社を経営するにあたって必ずしも借入があることが悪いとは限りません。

 

実際、多くの借入を長年抱えながらも倒産せずに経営を続けている企業は数多く存在します。

逆に黒字を出しながらも倒産してしまう企業も存在します。一体どういうことなのでしょう?

会社で起こる痛恨のミス

 

会社における借金のメリット

実は売り上げ先の入金に関係しています。

いくら商品を販売して売り上げを上げたとしても、実際売り上げ先から必ず入金があるとは限らないからです。

一方、いくら入金がなかったとしても、仕入先には期日には支払いを済ませなければなりません。

金運を呼ぶ黄色い財布

入金と支払いのタイミングが重要で、入金が行われず支払いが出来なくなってしまうと不渡りとなってしまいます。

手許にどれだけお金があり、お金の出るタイミングと入るタイミングにズレが生じない事が会社経営を行う上で重要な要素となるのです。

 

具体的なメリットとは?

では、借入をするメリットとはどういったものがあるのでしょうか?

借入を行い手許にお金を増やすという事は、売り上げ先から入金がされなかった場合においても支払いを行う事が出来る為、不渡りを出しにくくなるということです。

入金されない期間が長くなると手許の資金がなくなってしまいますが、時間的猶予を作ることが可能となります。

働くのに快適な環境とは
次に、事業拡大に向けて借入=資金は必要不可欠と言えます。

何故なら、事業規模を拡大させることができ、事業成功による営業利益が増えるからです。

そうすることによって資金が増え、倒産しにくくなるのです。借入による金利が発生するのは事実ですが、利益がそれを上回るのであれば借入するメリットは十分にあると言えるでしょう。

 

また、どうしてもお金が必要となった時に、普段から借入をしている金融機関からは比較的借入をし易いというメリットもあります。

何故なら、無借金経営の会社が急に借入をしようものならば、倒産を疑われ審査が下りない可能性が多分にあるからです。

成功する会社のイメージ
また、税金にも影響してきます。

借入による利息は経費として計上できるのです。

そうすることによって、税金が安くなります。

これは大変大きなメリットと言えるでしょう。

 
また物価上昇により自然と借入金額が減るという現象がおきる可能性があります。

物価が高騰することによりお金の価値が下がっても借入金額の価値が変動するわけではありません。

会社経営を行うにあたってお金を借りる事が必ずしも悪いと言えないのはこういった影響が関係しているからです。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す