会社経営者になるためにやったらいいこと(日常編)

経営者になるために必要なことをお知らせしています。

前回、会社の中で気を付けることをお知らせしました。

今回は、日常生活で注意することについてお知らせします。

サムライコンサル塾

 

自己を管理する

タクシー運転手が個人タクシーになった瞬間、働かなくなったという話はよく聞きます。

それまでサラリーマンだったタクシー運転手なのですが、スケジュールの管理は会社です。

その後、独立した個人タクシーになることで、スケジュールの管理は自分になります。

 

スケジュールが自分管理になったために、雨が降ったら今日は休み、夜は酔っ払いが多いから休み・・・と、仕事を選ぶようになります。

意図して狙っていればいいのですが、単にさぼりたいからだとしたら結局仕事をしなくなってしまうのです。

 

学生ではないので、他人からスケジュールを管理されるのはどうでしょう。

経営者となれば、自分のスケジュール位自分でコントロールすべきです。

 

こうお知らせすると、「休まない」ことあと勘違いする人が出てきます。

休むところも働くところも全て自分でコントロールする必要があります。

休まないことを自分に課したら、寝る暇もなくなりますし、休日もなくなります。

当然そんな生活は何日も続きません。

会社の犬、社畜

実際に自分でお金を稼ぐ

独立してからお金を稼ごうと思っている方がおられます。

今稼げなくて、独立してから稼げるわけがありません。

 

更に、「自分の力で稼ぐ」という経験と実行力が無いと実際に独立することなど出来ません。

会社経営は一人でもできますが、その下に付く従業員がかわいそうと言うことになってしまいます。

 

「百聞は一見にしかず」と言う言葉もあるくらいです。

インターネットの普及で個人的に情報を発信することが容易になりました。

今すぐ動いて結果を出す。

これが経営者には必要です。

電子定款

 

サムライコンサル塾

コメントを残す