会社経営者にとって覚えておきたい上手な交際費の使い方とは?

会社経営者にとって重要なのは自分の仕事だけでなく、いかに会社全体の金額の動きや税金に強くなっておくことです。

様々な金額についてある程度の知識を学んでおかなければ経営が苦しくなる一方である為、最大限にキャッシュフローなどを確保する為にも様々な知識を学ぶ必要性があります。

特に交際費も重要な節税や安定した経営の為に必要となるので知識を学んでおきましょう。

 

サムライコンサル塾

 

経費の上限

新規に企業を立ち上げた会社を初め、中小企業の場合だと年間800万円以下なら経費として全額計上することが出来ます。

800万円を超えないように調整すれば全て経費で計上出来ることから大いに活用することが可能ですが、大企業はこの対象にはならず、経費として計上することが出来ないので注意が必要です。

また、この金額などの条件に関しては頻繁に変わることがある為、後で不備などが見つからないようにチェックする必要性があるでしょう。

 
100%経費として計上出来るからといって何でも計上出来るわけではありません。

税務署も計上された経費に関して非常に厳しくチェックしている為、その中に計上出来ない経費が含まれていると余計な税金が課せられる可能性があります。

そのため何が経費として計上出来るのかを調べておきましょう。

 

領収書の注意点

上手に交際費を使う方法として、しっかりと領収書を保管しておく必要性があります。

税務署が経費であると妥当な判断を下してもらう為には領収書で証明しなければなりません。

特に相手先名が入っている、正しい金額が入っている、日付が確認出来る、領収書を発行した会社の名前や社判、住所が記載されている、使い道が書かれていることの5つを満たす必要性があるでしょう。

 

ここで注意しておきたいのが、相手先名と使い道の項目です。

相手先名を入れる場合、上様と記載するだけでは経費として認められません。

必ず相手先名が入っていなければいかなる理由があったとしても経費にはならないので注意しましょう。

 

そして使い道に関しては必ず商品名を記載し、何に使ったのかを明確に記載することも重要です。

税務調査などで経費として計上してもらう為にも領収書の存在は必要不可欠です。

ここで注意しておきたいのが、交際費と間違えやすい経費の問題です。

 

例えば飲食をした場合、一人あたりの飲食代が5000円以下であれば別に会議費や雑費、少額飲食費として計上出来るので手間がかかりません。

その際にも様々な条件があるので注意しましょう。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す