会社経営上赤字の会社がなぜつぶれないのか

会社によっては「赤字だ赤字だ」と言われる社長はおられます
赤字と言うと会社全体としてマイナスと言うことなので、会社はすぐにつぶれてしまいそうです。

これを家庭に置き変えてみると、給料が25万円の人がいたとします。
毎月50万円つかっているとしたら、月々-25万円。
貯金がなくなった瞬間破たんしてしまいます。

ところが、会社になると少し事情が違います。

サムライコンサル塾

 

お金がある=儲かっている
お金がない=儲かっていない

これが当てはまらないのです。
会社を立ち上げて日が浅い社長などは、利益が出ているはずなのに現金が手元にない、計算が間違っているのだろうか、と心配される方もおられます。

これは会社独特の理由があります。

赤字経営はコンサルを頼む

そもそも「儲かっている=手元に現金がある」は間違い

会社で利益が出ると税金がかかります。これは誰でも知っていると思います。

 

  • 利益=収入-費用
  • 収入、費用は売ったり買ったりした時にお金が動く。
  • 収入や費用に関係なくお金が動くことがある。

 

これは「売掛金」のことを言っています。
例えば、A社に100万円の商品を売ったとします。
原価は80万円です。
納品時支払だったので、当月100万円入ってきます

売上100万円-費用80万円=20万円が利益です。

売上は100万円です。利益は20万円です。
月末には口座に20万円が残っているので分かりやすいです。

赤字経営者がのどから手が出るほど欲しい現金
同じ商品をB社にも売ったとします。
ところが、B社は翌月払いです。

当月の現金は0円です。しかし、原価は80万円かかっています。
月末の口座を見ると80万円の借金となっています。
しかし、利益は20万円です。

翌月を考えるとB社分は品物が動いていないのに100万円現金が入ってきます。
帳簿上は利益は0円。現金で100万円入ってきたとしてもです

経営は計画通りには進まない
会社が急成長するときなど「黒字倒産」と言う言葉があるくらい売り上げが上がれば手元に現金がある訳ではないのです。
売掛金を回収しても利益にはなりません。

中小企業の社長だと口座残高が少ないというだけで「赤字だ」と判断する方もおられます。
しかし、実際は順調に黒字のこともあるのです。

それは家庭における家計簿にあたる、帳簿を見て判断するのが間違いないでしょう。
会社の場合、キャッシュフローまで考慮することで余計な借り入れが少なくできます。

 

社長がわざと赤字にしている

中小企業の社長の場合は良くあるのですが、会社=社長のものと言う場合があります。
会社は誰のものかと言うと、法律的な意味と現実的な意味で差がある場合があります。

良くない経営計画の社長

実際には利益が出ているのですが、税金対策のため帳簿上赤字にしている会社はあるのが現実です。
負債(会社の赤字)は翌年に持ち越せるのです。
例えば、今年100万円の赤字で決算するとこの年は税金がかかりません。

翌年、100万円の利益が出たとしても前年度の100万円の借金があるので相殺され、決算上の利益は0円となります。当然税金も0円となります。

どのようにして黒字を赤字に持っていくか、はクリーンな方法、ブラックな方法、グレーな方法、限りなくブラックに近いグレーな方法など色々あります。

それらについてはまた別のところでお知らせしたいと思います。

 

本当に経営が苦しいが責任上倒産できない

会社の財政が本当に苦しい時があります。
しかし、会社である以上仕入れもあるでしょうし、お客さんもいる訳です。
倒産するということは、利益も借金もチャラになる反面、これまで積み上げてきた信用もチャラになります。

経営が本当に苦しい時もある

取引額が大きい仕入れ先などは、自社の倒産により連鎖倒産する可能性もあり、自社の社員、その家族、取引先の社員、その家族の人生を変えてしまうかもしれません。
自責の念に駆られて本当はいつ倒産してもおかしくないのだけれど、倒産させず赤字経営をしている会社もあります。

この場合、多くは社長が自己資金を会社に貸し付ける形で運転し続けるのですが社長の財政が悪くなった瞬間会社の命も終わります。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す