会社経営の方法を習得する

会社経営をするとき多くの人は本を読んだり、ネットで調べたりします。
ところが出てくる情報は驚くほど少ないです。
それはなぜか?

サムライコンサル塾

本やネットで調べた時、会社経営について書かれたものは本当に少ないです。
その理由は簡単です。
正しい情報を持った人が少ないから

 

よくよく見ると、経理の話だったり、税金の話だったりします。
これらは厳密に言えば、会社経営に関係のある話ですが、経理や税金のことが分からなくても会社は経営できます。

捨てることも必要

どうやって稼ぐ、とか、どうやって方針を決めるなどの情報はほとんどありません。
それほど明確な答えを持っている人が少ないということです。

 

日本には中小企業が400万社あると言われていますが、そのほとんどが素人経営です。
基本的にどんぶり勘定でお金が動いています。
そんな人達から「こうすれば会社は儲かる」と言う明確な情報が出るはずもありません。
仮に、そう言った明確な情報を提示できるとしたら起業立て直し人として既に活躍しておられると思います。

実際にそういった方は少数ながらおられて、よく「カンブリア宮殿(テレビ東京)」などに出演されています。

人気のシェフと会社経営

会社経営のノウハウは多くの場合、ぶっつけ本番で運営しながら身に着けていくことになります。
事前に本をいくら読んでも、実際に会社を経営する方が何倍にも勉強になります。
昔から「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものです。

 

若い人などはよく会社を始めたいという時に本やネットで調べたりして「勉強しています」と言います。
しかし、こういった勉強はいくらやっても「これでいい」と言うことはなく、また実際に会社を経営し始めた時に円滑に会社運営ができるということは無いのです。

 

では、会社運営のノウハウを持っていて、我々に教えてくれる人とはどんな人でしょうか?

 

一つは実際に稼いでいる会社の社長です。
こちらに情報を教えてくれるかどうかは別として、うまくいっている会社には(運も含めて)うまくいっている理由があるのです。
多くの場合はこういった情報は外に出したがらず、社員にも知らせません。
やり手の会社経営者は1社目を起動に乗せたら、2社目を作ります。
会社自体が組織として動き始めたら、会社経営者的には自分に関係なく動き続け、自分に利益を生み続けてくれると一番いい訳ですので。

社員と対立しない

二つめはコンサルの存在です。
彼らは経営ノウハウを教えることを生業にしています。
だから費用こそかかりますが、ここで学ぶことは可能です。
儲からないコンサルは、そのコンサル自体が継続して行けませんので、自然に淘汰されます。
長く続けておられるコンサルを選ぶのが良いでしょう。

ワンマン社長が一人で経営方針を決めることもある
あとは自分とのレベルが違いすぎると、コンサルが何を言っているのか理解できないことがあります。
この場合はどれだけ情報交換を勧めてもこちらが成長することはあまりありません。
早めにもっと分かる話をするコンサルに切り替えましょう。

 

コンサルは時として、税理士が行っていることがあります。
税理士の世界は意外なまでに厳しいです。
同業他社が多いからです。
試しに会社登記をしてみて下さい。
驚くほど税理士からのダイレクトメールが増えます。

 

税理士は世の中にたくさんいるのでコンサルも付帯サービスとして付けることで仕事を増やそうという訳です。
税理士は基本的に税金のことには詳しいのですが、経営のスペシャリストではありません。
付帯サービスはあくまで付帯サービスです。
本物のコンサルにノウハウを教えてもらう方が安定した会社経営には近道と言えます。

 

コンサルの会社経営のノウハウを盗む方法があります。

⇒ 会社経営コンサルのノウハウを盗む

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す