会社経営のリスクをどうするか

会社を経営していると色々なリスクがあります。
例えばどのようなリスクがあるのかとその回避方法をお知らせします。

サムライコンサル塾

会社経営のリスクとして考えられる項目は会社ごとに違います。
同じ業種でも心配していることが違うのは当たり前です。

ここでは具体的な業種を上げて、どのようなリスクがあるか考えてみます。

 

製造業

製造業のリスクとは本当にたくさんあります。
今の世の中でもっとも大きいリスクは「後継者リスク」です。

 

創業者である初代から2代目に世代交代するときにある「リスク」です。
誰が受け継ぐか、という問題もあります。
息子などが受け継ぐとしたらまだいいのですが、意外と受け継ぐのは大変なのです。

人は休み癖が付く

 

第1の問題:お金

まずは、お金の問題。
街の中小企業だとして、資本金が5,000万円くらいとしても、これを受け継ぐには5,000万円のお金が要ります。
1社員にこんなお金が準備できる確率は低いです。

社会保険料は意外に高額

 

第2の問題:能力

次に能力です。
2代目が初代の息子の場合はお金の問題はハードルが比較的低いです。
親が息子にお金や会社をあげるとして、税金はあるにせよ何とかなるものです。

机の上はパソコン1台でOK
ところが、何とかなり上がろうと身を粉にした初代と、物心ついた時には既にでき上がっていた2代目ではハングリー精神が違います。
2代目が会社を初代以上に発展をさせることができるのか!?
その確率はお分かりかも知れません。

 

第3の問題:人間関係

更に現状社員との摩擦です。
積み上げてきたたたき上げの部長や専務がいたとして、ひょういと横から来た息子を社長として受け入れられるか!?
こんな問題も起きてきます。
元からいた社員が会社の世代交代の時にへそを曲げて辞めてしまうことなどよくある話で、悪いことにノウハウを全部持ってライバル会社を立ち上げてしまうことです。
ノウハウだけならいいのですが、重要な社員をひき連れていってしまうなんてことも・・・

与信調査なのか?

世代交代だけでもこのようにリスクはたくさんあります。
それを回避させるために「損害保険」があります。
何かあった時にお金で解決、そんな感じです。

 

ただ、本当の解決は「根回し」ではないでしょうか。
日頃のコミュニケーションこそ最大の問題の解決方法かもしれません。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す