会社経営における経費の削減は、各所で行う事ができます

会社経営をしている経営者側からすると、必要な場面ではあっても、経費などの出費には頭を悩ます場合があります。
絶対に必要な部分の場合には、出費を認める必要性もあります。

どの会社にとっても、経費を低く抑えたいと考えるのは、一般的な見方です。
そこを抑える事で、他の重要部分に充当するなどもできます。
経費の具体的な内容としては、交際費であったり、出張交通費、必要物品に対する出費などがあります。
どのように使い、どのように削減するのが最善でしょうか?

 

サムライコンサル塾

交際費

交際費については、ある一定の決まった数字で各課に配分されている場合もあります。
この数字を落とすのは簡単です。
ただ、その分取引先との関係が疎遠になってしまったのでは、売上に響いてしまう場合もあります。
そこで考えられるのが、やはり売上数字毎の出来高制が適用できます。
もし実行して、同じ課だけに高い売上などが集中する場合には、売上の低い課では他の工夫が必要になってきます。

交際費も必要なお金

出張交通費

出張交通費の場合には、やはり行った事実と実際の成果の照合が必要です。
精算と同時に、出張報告書などを提出させるケースはよくあります。
しかし、具体的な数字に結び付かない内容で、複数回を見逃す事が問題です。
事前の打ち合わせ、見込みなどを一人一人に徹底させて、出張を実施するなどが大切です。
出張交通費の場合には、日当手当てなども出費になります。
簡単に出張を繰り返す以前の留意も必要です。

交通費も経費

物品購入

物品の場合には、細かく管理をしようとすると、人の手間なども掛かる事があります。
継続的な必要性があるボールペンなどの場合には、古いものとの交換条件で新規物品の使用許可にする方法などがあります。
ただ、この場合には、総務課などがあって、対応人数が十分に確保されている事なども必要になります。
できるだけ各人がパソコンなどを通じて申請できるなど、環境を整備する工夫をする事もできます。

買い物も経費
会社経営における経費は、必要な部分では必ず数字が上がってしまいます。
できるだけ人任せにしたままにせず、定期的、あるいは突然に、具体的な経費内容を経営者がチェックする必要もあります。
可能であれば、税理士の人を交えながら、内容をわかり易くする方法を尋ねてみても、教えてくれる場合があります。

場合によっては、パソコン環境を整える必要などもありますが、将来的な利便性、経費節減を考えた場合には、有効な手段になり得ます。
加えて、経費の節約には、従業員各人の協力も必要になります。
ケチではなく、節約を理解してもらう事が大切です。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す