会社経営における経営方針は、共通意識に繋がる事も必要です

会社を経営していると、社員へ向けた、あるいは社外に向けた戦略などが必要になります。
まずは自社における考えを明確にし、事業を遂行させていく事ができます。

 

では、この戦略は誰が考えるのがいいのでしょうか?

サムライコンサル塾

経営方針とは

会社経営における経営方針は、社長一人で設定する場合もあれば、役員や税理士などの専門分野の知識を交えながら、設定している場合があります。

経営は計画通りには進まない
いずれの場合においても、経営方針は、そこに所属する従業員にも浸透し、実行できる事が大切な設定ポイントになります。
具体的な数字を掲げて、売上目標を設定する場合もあります。
確かに数字を示す事は、把握がし易い内容になります。
ただ、実現可能なものでないと、実感が沸かないという場合もあります。
経営者にとっては重要で、わかり易い数字といえますが、他の人たちが理解して、実行できるかが問題になります。
例えば、経営方針として、端的な言葉で表現する事もできます。

 

『人のために、社会のためになる事業を目指す』

 

などもあります。

優れた経営者の条件

 

経営方針を知らせる

経営方針は、社内の従業員にわかる様に、各所に貼り出す場合なども多く見られます。
理解してもらうためには、経営者が細部までに関係性をもった、具体的な方法などを語り示す事も必要です。
その場面は、朝礼やミーティングなどを利用する事ができます。
他にも、会社のイベントなどの場面のスピーチとして、利用する事もできます。
但し、コツとしては、仕事を離れた場面では、短い時間でわかり易く、楽しい内容に結び付けていく工夫も必要です。

社員と対立しない

経営方針を作成する

経営方針を作成する以前には、例えば、具体的な経営計画などを作成するのも一つです。
場合によっては、社員と一緒にミーティングなどを実施し、目標の具体的な数値化をしておくなどもできます。
それぞれの目標や計画を明確にした上で、経営方針を作成・発表すれば、今後のやり方にも具体性が生じる事になります。
社長などの経営者と従業員の間に距離が生じている会社も存在します。
経営者の言う事が全て絶対だ、というケースもあります。

ワンマン社長が一人で経営方針を決めることもある
しかし、実際には、従業員が動いてこその売上アップが実現できる場合も多くあります。
経営方針は、会社経営において重要なものですが、そこに働く人たちにとっても、共通意識が芽生える工夫も必要になります。

 

具体的に書面にする内容は、惰性になってしまう様な内容に注意が必要です。
作成後は、経営者自らがそれを言葉にし、具体的な方法を交えながら説明すると、従業員の意識にも残り、行動に移し易くなります。
経営方針には、経営者の視点と従業員側の視点が必要です。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す