会社経営と自営業の違いとは

会社経営をしている方と、自営業の方の違いについて聞かれることがあります。

呼び方も会社経営と自営業とあれば、なんとなく「会社経営」の方がカッコ良さそうです。

ご自身の場合はどちらでしょうか?

サムライコンサル塾

へりくだって言う場合

「会社経営」と「自営業」は色々な意図があって、使い分けることがあります。

簡単に言うと、偉そうに言いたい場合は「会社経営」と言った方が良いことが多いでしょう。

逆に、へりくだって言う場合があります。

この時は「自営業」と言う方がよさそうです。

中小企業の社長は意外にいい家に住んでいる

明確に分ける場合

気持ちで分けるとその場その場で変わってしまいます。

制度として明確に分けるとどうなるのでしょうか。

 

株式会社とは、その名の通り、株式会社として法人登録した会社のことを言います。

一方で、自営業とは、夫婦だけ、もしくは家族での経営で、法人登録していない団体のことです。

 

難しいと思われるのは、夫婦だけ、家族だけなのだけれど、法人登録している場合です。

雇用者がいないの(?)で、町の商店と変わらないとします。

つまり、「身内だけ」です。

この場合も、法人登録しているわけですので、「会社経営」が正しいでしょう。

税理士など専門家に任せる

まとめ

「会社経営」なのか「自営業」なのかなのですが、一つの判断基準は法人登録しているか、があると言えます。

 

その他、一般的なイメージとして「身内だけ」の経営か、外部の人を雇用しているか、があります。

身内だけで経営していて、法人登録している会社の場合は、会社経営と言ってみたり、自営業だと言ってみたり、その場面場面で都合よく使い分けて理ると言えます。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す