会社で新しい人を雇うメリットについて

新しい人を雇うと当然給料が必要です。
固定費が上がり、いいことはなさそうです。
しかし、意外なメリットがあるのです。
今回はそのメリットについてお知らせします。

サムライコンサル塾

相対比較効果

 人は1つのものを見て、その価値を判断するのは苦手です。
例えば、あるラーメンを食べて、美味しいか、美味しくないかは漠然と決められます。
ただ、どれくらい美味しいかを説明するのは難しい。
会社経営とラーメン
「7美味しい」、「12美味しい」などの単位はないのです。
だから、何か同様のものと比較します。
今まで食べた中で一番美味しい!など。
その人がこれまでどんな物を食べたかは知りませんが、それなりの数でしょう。
その中で一番と言うならかなり美味しい方なのだと考えるのです。
人も同じで、好き、嫌いは簡単に決められます。ただ、どのくらい好きかなどは難しい。
誰か比較対象があるとわかりやすいのです。
元々いるAさんより好き、元々いるAさんより仕事ができる、など。
どんな世界でも新しい人は仕事が遅く、要領が良くないです。
それと比較したら大体の人が仕事を捌けてすごい人に感じます。
新しい人が入ったら、元々いる人の評価が上がるのです。
 会議で意見を通す方法

人が結束する

 先にお知らせしたように、新しい人が入ったら、従来の人の評価が上がります。
また、新しい人が入ったら、その教育で余計に手を取られたり、その人が入った分余計に売り上げを上げなくてはいけなかったりと仕事は大変になります。
新しい人を受け入れるか、排除しようとするかは、その組織しだいですが、さらに忙しくなった今の状況や新しい人をどうするかで従来の人は結束します。
仲直り
人件費増加だけでなく、従来の人たちにも必ず影響がでます。
時として、新しい人を入れる効果を意図的に使ってみてはどうでしょうか。
サムライコンサル塾

コメントを残す