人を知ることが会社経営の第一歩

会社経営を考えた場合、究極は人を知る必要があります。

人を雇った時も人。

取引するのも人。

人を知っている人が商売もうまくいくようになっているのです。

 

サムライコンサル塾

 

厄介な人は攻撃性のある人

どのような場面でも必ず攻撃的な人は存在します。

暴言を吐く人、暴力的になる人・・・

 

多くの場合、そういった人は攻撃性のある人ではないのです。

その攻撃を受けている人よりももっと弱いことがほとんどです。

猛獣と会社経営

他人を攻撃する人ほど、恐れ、不安を抱いていて、弱い面があるのです。

そして、その自分の弱い面を隠す方法を知らず、できることが「他人への攻撃」なのです。

 

攻撃性のある人を良く見てみると、いくつかのタイプがある。

今回はそのうちのひとつのタイプ「キング」についてお知らせしたいと思います。

 

「キング」とは、周囲の人間に対して命令ばかりしている高圧的な態度と口調で話します。

威張り散らして、自分に従わせようとします。

こういった「キング」、「王様」は、会社では上司に多くいるタイプです。

社員間のトラブル

部下のことを自分の支配下に置こうとする人は必ずいます。

彼らは少し異常ともいえるほど「上から目線」です。

部下の小さなミスを許しません。

 

他人のミスを見つけたら、相手が反省していようが、いまいが徹底的に攻撃します。

こういった「キング」に出会ってしまったら、残念でした、としか言いようがありません。

キングはずっとキングで、何があっても変わることはありません。

 

キングは自分に自信がないので、いつも周囲から目を離せません。

そして、他人のミスは見逃しません。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す