事業は順調!でも会社経営はうまくいっていますか?

会社が忙しく、売り上げが上がる状態でも、会社経営がうまくいっているとは限らないです。

「黒字貧乏」と言う言葉をご存知ですか?

その内容を知っておくことはあなたがリスク回避できるための唯一の手段と言えます。

 

サムライコンサル塾

 

会社経営は順調か

会社が成功するための秘訣は、消費者からなくなっては困る会社と思われるサービスを提供し続けることができることに尽きます。

自分自身がこれはヒットすると考えても消費者からすると無駄なもの、いらないものと思われてしまっては会社の存在意義がなくなってしまいます。

計画的な会社経営

 

つまりは事業が続かなくなり倒産ということになります。

一方で会社経営が成功するための秘訣とはなんでしょうか。

それは経営者として社員に対して感謝の気持ちを持つことです。

 

会社を新たに立ち上げたとき、まだまだ会社が小さいときにはまだ数人でどうにか回すことができたでしょう。

営業から事務や経理といった仕事を数人でこなすことができたはずです。

 

しかし会社が大きくなるにつれて業務量が増えて人にお願いしてやってもらうことが必要になってきて、人を採用してこなしてもらっているのです。

本来自分がやるべきことを自分に代わってやってもらっている、そして採用する際も会社の経営理念や社風に合った人材を採用していますから、自分と同じ方向性を持って働いてくれているはずなのです。

会議で意見を通す方法

 

そのような社員に対して給与を支払っていることとは別にねぎらいの言葉一つでもかけているかが重要になります。

会社も多くの人を介して仕事が進んでいます。

人も感情を持った動物なので感謝されたり、ありがとうと声をかけられたら悪い気分になるはずがないのです。

 

逆に、ほめられた、また頑張ろうという気持ちになるはずです。

経営者が会社は自分たちが動かしているという勘違いをしている限りは社員の士気も下がり、将来が見えないことにも繋がります。

 

判断は経営者が行っているかもしれませんが、それを実際に動かしたり処理をしているのは社員たちなのです。

ここに感謝の気持ちがなければ会社経営が成功するとは当然考えられないのです。

 

それこそ会社の業績をあげるために経営者は知恵を絞り判断します。

消費者のニーズも知らないといけません。

そのニーズという情報をマーケティングし収集するのも社員たちがおこなっているのです。

会社経営は計画的に進める必要がある

経営者が考えた通りに会社が向かっているその根底には社員たちの頑張りがあってのことで、その社員たち対する感謝の気持ちがなければ、たとえ会社の事業が順調に進んでいて利益が出ていたとしても、会社の経営で失敗して内部が混乱し、人材が流出したり、社員の士気がさがりコンプライアンス上のリスクが上がったりと内部から崩れていく可能性があるのです。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す