不要なものの必要性とは

不要なものは不要。

必要なものは必要。

話は簡単ですが、そうでもありません。

不要なものが必要な例があります。

 

サムライコンサル塾

 

あるホームセンターで聞いた話

あるホーム線センターでは、POSシステムを導入していて、何が何個売れるのかシステムで管理しています。

そのため、売れる商品をたくさん仕入れて、売れない商品は仕入れなければいいわけです。

 

ある商品が、月に何個売れるかもチェックできます。

すごくわかりやすいと言えます。

そんな中、「臼(うす)」がありました。

これは、本格的な臼で、年に1個売れるかどうかの商品です。

臼と会社経営

 

売れない商品なので、仕入れなければいいでしょう。

売れるまでは、在庫になるわけで、お金は商品としてお店に置かれ続けます。

 

場所も取るし、現金化できるのは、商品が売れた時だけです。

普通の商売ならば「仕入れない」が正解です。

 

ところが、このホームセンターは、この臼が売れてもまた仕入れていたのです。

 

 

私はその理由を聞きました。

年末年始に臼が置いてあると、お客さんは「正月商品が充実している」と感じると言います。

 

「臼までも置いているので、○○はおいているだろう」と思い出すと言います。

正月用品は、意外にもたくさんあります。

 

ポチ袋

しめ飾り

掃除道具、などなど

 

必要なものが全部そろっていれば、年末年始の忙しいときに行くのは少ないお店です。

そこで、このホームセンターを思い出してくれたらラッキーくらいの発想です。

 

臼は、商品として売られてもいますが、看板にもなっているのです。

しかも、かなりインパクトがある看板です。

 

この臼は無くてもお店として困りません。

でも、あることで売り上げが伸びるのだそうです。

 

不要と思えるものでも必要な例があると言えます。

 

サムライコンサル塾

コメントを残す