リーダーの素質とは何なのか

会社の中には、たくさんのリーダーがいます。

課長だったり、部長だったり。

会社経営者はいうならばリーダーのリーダーです。

普通の人とは全く違う特別な人間なのかと言うと、実際はそうでもありません。

なんでも知っているわけではありませんし、出来ないこともたくさんあります。

リーダーはスーパーマンではないのです。

では、リーダーとは何があればリーダーなのかお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

リーダーは人を取りまとめていますが、逆に言うと、人が取りまとめられている必要があります。

文句を言う人がいることもあるでしょう。

素直に従わない人もいるでしょう。

なんだかんだ言いながら、リーダーの決めたことに従い、リーダーの向いている方向を見ている必要があります。

電話でのセールス

そこには、「お互いの理解」だったり「目的の共有」があると思います。

もちろん、利害などの関係もあるでしょう。

それとは別にある意味「カリスマ性」があると思います。

 
カリスマ性なんて言ったら漠然として身に付けられません。

もう少し詳しく考えてみると、「この人はリーダーだ」と言う認識が相手にあるかです。

 

好きか嫌いかはあまり関係ありません。

実力があるかどうかも関係ありません。

 

良くも悪くもこの人がリーダーだと思っていることが必要です。

会社からの事例で「この人が課長です」とか「この人が部長です」と辞令が張り出されるのもその一つの方法です。

 

それだけではありません。

リーダーはイニシアチブをとっています。

全体を管理しています。

 
あるプロジェクトを遂行するためのリーダーが、そのプロジェクトをほったらかしだったら、リーダー失格だと誰でもわかりますよね。

人は休み癖が付く
その他、良いリーダーにはポリシーがあります。
いうならば目標とルールが一緒になったようなものです。

 

「売り上げを達成する」とか「このサービスを立ち上げる」とか全体で達成するべきゴールです。
なぜこれを達成するべきなのかを全体に伝えること。
これが良いリーダーでしょう。
この考えに賛同できるかどうかは別の話かもしれません。
まずは、伝えることです。

 

このリーダーのポリシーは、リーダーの素質がある人は良くメモを取っています。
社訓などが壁に貼ってあるのをよく見かけますが、これと同じです。
自分が実現したいこと、自分が信じることをメモに取って良く見直しているのです。
チーム全体に浸透させる場合など、同様に壁に貼ってあります。

 

そして、自分の信じる事柄などは、必要な時修正を加えて常に研ぎ澄ませていると言ってもいい状態をキープしています。
一度作ったらそこで終わりというわけではありません。
一度決めたら盲目的に信じるのも違います。

 

そして、この状態をキープするのが良いリーダーではないでしょうか。
今回のプロジェクトだけでなく、次のプロジェクトでも同じポテンシャル。
いや、それ以上のポテンシャルで。

 

そこにはご自身の目標、ポリシーに追加するものがあります。
5W1Hです。

 

いつ、どこで、なぜ、誰が、なにを、どのように、どうした。
これらと目標を組み合わせて、考えます。

 

「いつ+目標」
いつまでにこの目標を達成するか

 

「どこで+目標」
どこのエリアで目標を達成するのか

 

「なぜ+目標」
なぜ、その目標を達成すべきなのか

 

「誰が+目標」
誰のために目標を達成するのか

 

「何を+目標」
商品などをどうするか

 

このように、目標のキープ。
モチベーションのキープを行っているのです。

 

あなたは備えていますか?
リーダーの素質。

サムライコンサル塾

コメントを残す