ビジネスに最新手法は必要か?ビジネス用語を例に考える

日々新しい手法のビジネスが生まれ、そして消えていきます。

そもそもインターネットがビジネスにつながると誰が考えたでしょう?

今では常識となっています。

日々ビジネスは進化しています。

本当にそれは必要でしょうか?

 

サムライコンサル塾

 

ビジネス用語を思い出してみる

ビジネス用語を思い浮かべると、「戦略」「戦術」とか、戦争用語が多いように感じます。

ビジネスとは戦争なのです。

あとは、とにかく横文字です。

ちらほら聞く言葉だと、以下の様なものがあると思います。

「アジェンダ」計画する

「アライアンス」提携先

「イシュー」問題、課題、論点

「インバウンド」内向き(のビジネス)

「エビデンス」証拠、言質

「クロージング」畳みかける

「コミット」約束

「コンプライアンス」法令遵守

「サマリ」要約

「ショート」不足している

「タイト」(スケジュールなどが)厳しい事

 

などなど。

 

付いていけないように感じますが、古い方のビジネス用語を思いだいてみましょう。

 

「ゼロックスする」コピーをとる

「ホウレンソウ」報告、連絡、相談

「半ドン」午後休

「ノミニケーション」(親睦目的の)飲み会

大学生はお祭り騒ぎ

 

こうして新しいビジネス用語、古いビジネス用語を比べてみて思うのですが、「どうでもいい」と言うことです。

 

言葉なので、通じれば十分です。

新しくても古くても問題ありません。

 

それよりも、「お客さんの心を動かすキラーワーズ」、要するに「殺し文句」が言えているか、だと思います。

殺し文句はいつでも、だれにでも同じではないのです。

 

人により、場所により、時間により、本当の殺し文句は変わります。

それをビジネスマンが見つかられるか、見逃さないか、それがビジネスです。

 

ある商品を紹介した時、ある人は値段を見るでしょう。

ある人は機能を見るでしょう。

ある人は大きさを見るでしょう。

 

その人が見ている点、欲しい情報を的確にとらえ、その人が欲しい情報を提供する。

それができていれば、言葉の違いなど些細な問題です。

 

それでも「トュデイは、お客様のニーズにコミットするレコメンドを準備しました!」なんて言われても何を言っているのか分かりません。

言葉なので、伝わることは重要です。

 

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す