キッコーマンに見る原点回帰で成功した成功事例

粗悪品が多くなっていた醤油の作り方を昔ながらに戻して、大成功した成功例を見てみましょう。

 

サムライコンサル塾

 

本来の醤油の作り方

本来、醤油は大豆と小麦、食塩、麹だけで作るものでした。

 

  【醤油の添加物】スーパーの醤油が安い理由と醤油の正体

 

 

戦時中の醤油の作り方

戦時中は物資が不足しました。

大豆を手に入れるのも一苦労でした。

 

そこで、油を搾った後の大豆の絞りかすに、塩酸をかけて分解させ、アミノ酸にし、それをベースに醤油を作ったのです。

厳密には、醤油ではないので、「醤油っぽいもの」を作っていました。

 

足りない味や色などは添加物です。

醤油1本から、醤油っぽいものを10本以上作ることができると言う錬金術です。

しかも、本当の醤油づくりが1年かかるところが、醤油っぽいものは1か月未満で出来てしまいます。

 

戦争は終わり、何十年も経過しましたが、この醤油っぽいものは、安く作れるので、作られ続けました。

 

キッコーマンの功績

1980年代に地方の企業だったキッコーマンが、本来の丸大豆を使った醤油を商品として投入しました。

 

1987年にプロジェクトを立ち上げ、本来の醤油の作り方を復活させ、商品開発を行いました。

数年かかり、1990年に400円で「特選 丸大豆しょうゆ」を発売しました。

 

この価格設定は、従来の物よりも30%ほど高価な商品でした。

 

キッコーマンは、この特選丸大豆しょうゆをギフト用の商品として、箱に入れてラインナップしました。

それにより、「キッコーマン、特選丸大豆しょうゆは高級品」と言う認識が日本中に広まりました。


人々に、キッコーマンの特選丸大豆しょうゆはいい商品、高級品、と意識付けさせたのです。

その後は、高くても特選丸大豆しょうゆを人は買うようになったのです。

 

 

サムライコンサル塾

コメントを残す