なめくじとカタツムリはどちらが優秀か?

似ているけれど、実は全く違うものってあります。

なめくじとカタツムリは似ていますが、実は全く違います。

人に置き換えて考えてみましょう。

 

サムライコンサル塾

 

なめくじとカタツムリはどちらが優秀か

なめくじとカタツムリ、どちらが進化系だと思いますか?

 

なめくじが進化して、カタツムリになったのか?

カタツムリが進化して、なめくじになったのか?

なめくじとビジネス

殻をもった分、なめくじ→カタツムリ、だと思われる方がおられるでしょう。

でも、生物界では、カタツムリが進化してなめくじになったとされています。

 

つまり、殻を持っていたカタツムリは、殻の分重たいのです。

また、殻を維持すると言うのは、その分エネルギーを使います。

 

負担の分を切り捨ててカタツムリはなめくじに進化したのです。

 

なめくじの挑戦とえらいところ

殻があると中に逃げ込めるので安全です。

自然界に置いて絶対安全と言うことはないとしても、目先の外敵からは守られるでしょう。

乾燥からも守られているでしょう。

それを捨てて、身軽さとエネルギー消費の節約を取ったのです。

カタツムリと会社経営

これまでよりもエネルギー摂取が少なくてすむでしょう。

これまでよりも遠くに行けるでしょう。

 

自由になったのです。

自由になると言うことは、その分リスクも伴います。

 

サラリーマンが会社経営者になったのと似ています。

今までのように守られている環境から一歩外に出るのは怖いし、不安です。

そのリスクを抱えることができたものだけが、自由を手にできるのです。

 

なめくじの背中には、カタツムリの殻の跡が残っています。

これはサラリーマン時代の、カタツムリ時代のことを忘れない戒めなのではないでしょうか。

 

サラリーマン時代の失敗は、単なる失敗です。

取返しもできるでしょう。

逆に、失敗しないものはいません。

 

会社経営において、失敗は致命的です。

会社がなくなってしまうかもしません。

サムライコンサル塾

コメントを残す