なぜ会社経営(企業経営)を知る必要があるのか

なぜ会社経営を学ぶかと言うと、理由は色々あります。

会社経営のことを知らないのに会社を経営することはできない、と言うのも理由の一つと言えます。

ただ、それだけではないのです。

その理由についてお知らせします。

 

サムライコンサル塾

 

なぜ会社経営(企業経営)を学ぶのか

最初に言える理由としては、「企業は経済活動の中心」だからです。

全労働者のうち、約88%が雇用者と言うことです。

つまり、大企業の部長であっても会社に雇われた人です。

約88%の人は、「使われる側」の人間と言うことになります。

他人の評価を高くする方法

残りの約12%が会社経営者と言えます。

中小企業で自分だけの会社でも社長は社長。

大企業で数万人の社員がいても、社長は社長。

数えると会社経営者は約12%程度しかいないと言うことです。

 

ちなみに、情報ソースは国です。

労働力調査2013年6月分を元にしています。

少し古い情報ですが、この手の情報は出るのが少し遅いです。

そして、最新のものと比較してもそれほど数字が変わりませんので、参考程度には信じていいと言えます。

 

人がハッピーになるためには、お金や、家族など必要なものはあります。

お金や家族の最小単位は「家庭」とか「個人」です。

 

 

家庭と企業の関係

家庭と企業の関係を確認しましょう。

企業は家庭にサービスを提供します。

家庭はそのサービスに対して費用を払います。

会社経営と企業

 

こうして企業は収益を上げ、豊かになっていきます。

そういった意味では、家庭や個人がハッピーになれそうです。

 

また、個人は企業に労働力を提供しています。

その対価として、賃金を得ています。

給料ですね。

会社経営と賃金

こうして家庭や個人は金銭的に潤っていきます。

 

企業のことを知ることで、個人や家庭のことを知ることができるようになります。

それは、企業も家庭も結局は人だからと言うことかもしれません。

企業と個人、家庭は密接な関係があります。

会社経営と企業

企業を知ることで、家庭や個人とのつながりを知ることができ、収益につなげることができます。

また、経営者と言えども働きますので、労働者としての考えも持てる必要があります。

 

更に、個人、家庭と企業との関係を考えるとき、もう一つ考えなければならない要素があります。

それが「国」「政府」です。

政府は企業、個人にサービスを提供しています。

その代わりに税金を徴収します。

会社経営と国

これらの関係を知ることから始めることで、「収益を上げるアイデア」を思いつけます。

誰に何をして、誰を喜ばせると、どこからお金が生まれるのか、知ることが必要です。

 

こうしてみると、(物や)サービスを提供しているところが、お金を得ています。

「収益を上げるヒント」と言えるかもしれませんね。

サムライコンサル塾

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください